2019年12月30日に全日本大学女子選抜駅伝競走大会(富士山女子駅伝)が行われます。

この記事では全チームの順位予想と上位予想チームの戦力分析をしています。

 

スポンサーリンク

富士山女子駅伝2019の概要

開催日:2019年12月30日

スタート時間:10時00分

テレビ放送:フジテレビ

 

区間距離(前回と同じ)

1区:4.1km

2区:6.8km

3区:3.3km

4区:4.4km

5区:10.5km

6区:6.0km

7区:8.3km

合計:43.4km

 

富士山女子駅伝2018結果

全日本大学女子駅伝との違いは?

区間数と区間距離

全日本大学女子駅伝

6区間38.0km

富士山女子駅伝

7区間43.4km

 

走る人数が6人から7人になっているので、層が厚いほうが有利となります。

最短距離と最長距離

全日本大学女子駅伝

最短距離4.8km、最長距離9.2km

富士山女子駅伝

最短距離3.3km、最長距離10.5km

 

富士山女子駅伝のほうが距離の幅が大きくなっています。

アップダウン

富士山女子駅伝は下りの区間と上りの区間があります。

2区は緩やかな下り区間で、7区は3km過ぎから厳しい上り区間です。

富士山女子駅伝2019出場校一覧

第37回全日本大学女子駅伝上位12校(参加希望校のみ)

●名城大学

●大東文化大学

●立命館大学

●松山大学

●日本体育大学

●城西大学

●大阪学院大学

●関西大学

●大阪芸術大学

●東京農業大学

●東洋大学

●佛教大学

全日本大学女子駅伝2019結果

 

5000m上位7名記録の上位10校

※前回より2チーム増えています。

●順天堂大学

●京都産業大学

●玉川大学

●東北福祉大学

●福岡大学

●拓殖大学

●京都光華女子大学

●鹿屋体育大学

●神戸学院大学

●関西外国語大学

 

選抜チーム

●全日本大学選抜

●静岡県学生選抜

 

スポンサーリンク

富士山女子駅伝2019の優勝候補は?

今回は名城大学と大東文化大学の2強です。

 

総合力は名城大学が強いですが、大東文化大学は7区に強い鈴木優花選手がいます。

7区は1分くらい大東文化大学が速いと思います。

 

エース区間の5区は加世田梨花選手と関谷夏希選手の対決になると思います。

全日本大学女子駅伝では加世田選手が勝ちましたが、実力は互角だと思います。

 

2区は和田有菜選手と吉村玲美選手の対決になると思います。

2区は和田選手が少し有利だと思います。

 

残りの区間は名城大学の方が有利です。

ポイントは距離の長い6区で、大東文化大学は上手くしのがないといけません。

富士山女子駅伝2019順位予想

優勝 名城大学

2位 大東文化大学

3位 立命館大学

4位 松山大学

5位 日本体育大学

6位 城西大学

7位 全日本大学選抜

8位 京都産業大学

9位 大阪学院大学

10位 関西大学

11位 大阪芸術大学

12位 東洋大学

13位 東京農業大学

14位 順天堂大学

15位 佛教大学

16位 拓殖大学

17位 玉川大学

18位 福岡大学

19位 東北福祉大学

20位 神戸学院大学

21位 鹿屋体育大学

22位 京都光華女子大学

23位 関西外国語大学

24位 静岡県学生選抜

上位予想チームの戦力分析

立命館大学

エースの佐藤成葉選手、7区を2年連続で好走している真部亜樹選手が強いです。

前とも後ろとも差がある3位になると予想しています。

 

松山大学

前回失敗した7区がポイントです。

2年生以下の誰かが走ると思うので、上手くいけばあと2年は安心できます。

 

日本体育大学

前回7区4位の鈴木彩智歩選手が走れるかに注目です。

全日本大学女子駅伝では走りませんでした。

工藤杏華選手が好走しそうです。

 

城西大学

注目しているのは福嶋摩耶選手です。

全日本大学女子駅伝ではエース区間で3位でした。

富士山女子駅伝でもエース区間を走ると思います。

 

全日本大学選抜

前回は4位と大健闘でしたが、今回も戦力が充実しています。

五島莉乃選手は前回2区区間新でしたが、今回は5区でエース対決をして欲しいです。

高校時代に活躍した金光由樹選手も楽しみな選手です。

 

京都産業大学

信岡桃英選手は全日本大学女子駅伝では欠場しましたが、大阪国際女子マラソンにエントリーしているので、調子が良くなっているんだと思います。

橋本奈津選手も区間上位が期待できる選手です。

 

大阪学院大学

総合力は高いですが、エース区間は耐えることになりそうです。

 

関西大学

上りに強い小田真帆選手に注目しています。

 

スポンサーリンク