福岡国際マラソン2020順位予想と戦力分析!注目選手の紹介も

2020年12月6日に第74回福岡国際マラソンが行われます。

この記事では福岡国際マラソンの招待選手と一般参加の注目選手の紹介、順位とタイム予想、戦力分析について書いています。

 

スポンサーリンク

福岡国際マラソン2020概要

日程:2020年12月6日

スタート時間:12時10分

テレビ放送:テレビ朝日で12時~

コース:平和台陸上競技場・大濠公園~福岡市西南部周回~香椎折り返し

 

前回の結果

国内招待選手

今回は海外招待選手はいません

※数字はゼッケンナンバー

 

1,服部勇馬(トヨタ自動車)

自己ベスト 2:07:27

 

2,藤本拓(トヨタ自動車)

自己ベスト 2:07:57

 

3,髙久龍(ヤクルト)

自己ベスト 2:06:45

 

4,川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)

自己ベスト 2:08:14

 

5,岡本直己(中国電力)

自己ベスト 2:08:37

 

6,作田直也(JR東日本)

自己ベスト 2:08:59

 

7,福田穣(福岡陸協)

自己ベスト 2:09:52

 

8,大塚祥平(九電工)

自己ベスト 2:10:12

一般参加の注目選手

11,吉田裕也(GMOインターネットグループ)

自己ベスト 2:08:30

 

12,小山司(SUBARU)

自己ベスト 2:08:53

 

13,大津顕杜(トヨタ自動車九州)

自己ベスト 2:10:01

 

14,吉岡幸輝(中央発條)

自己ベスト 2:10:13

 

16,安井雄一(トヨタ自動車)

自己ベスト 2:10:19

 

17,佐々木悟(旭化成)

自己ベスト 2:08:56

 

18,園田隼(黒崎播磨)

自己ベスト 2:09:34 

 

19,松本稜(トヨタ自動車)

自己ベスト 2:10:32

 

20,ワークナー・デレセ(ひらまつ病院)

自己ベスト 2:10:52

 

21,寺田夏生(JR東日本)

自己ベスト 2:10:55

 

22,マイケル・ギザエ(スズキ)

自己ベスト 2:10:59

 

24,神野大地(セルソース)

自己ベスト 2:10:18

 

25,竹ノ内佳樹(NTT西日本)

自己ベスト 2:10:01

 

31,設楽啓太(日立物流)

自己ベスト 2:12:13

 

63,ポール・クイラ(JR東日本)

自己ベスト 2:11:58

 

77,小山裕太(トーエネック)

自己ベスト 2:18:34

 

スポンサーリンク

福岡国際マラソン2020順位予想と戦力分析

今回は海外招待選手はいませんが、前回の日本人トップ5が全てエントリーしています。

他にも有力選手が多数いるので、レベルの高い大会になりそうです。

 

ペースメーカーは前回は30kmで1時間29分33秒でした。

今回も同じくらいのペースになると予想しています。

ビダン・カロキ選手がいるので、正確なラップタイムを刻んでくれるでしょう。

 

順位とタイム予想

優勝 2:06:30 服部勇馬

2位 2:06:50 吉田裕也

3位 2:07:30 藤本拓

 

服部勇馬選手は優勝候補です。

全日本実業団の10000mで27分47秒で走っていて走力が上がっています。

マラソンの終盤力も上がっていて、最後まで力が残っているので、2時間6分台が出ると思います。

福岡国際マラソン日本人最高記録は藤田敦史さんの2時間6分51秒なので、この記録は更新して欲しいです。

 

吉田裕也選手はGMOに入社して走力が上がっています。

10月11日の記録会の10000mで28分19秒、東日本実業団駅伝ではエース区間3位と好走が続いています。

最近は安定しているので、3位以内には入ってくると思います。

 

藤本拓選手は9月25日の記録会の5000mで13分27秒を出しています。

前回は日本人トップでしたが、30km過ぎからペースが落ちてしまいました。

今回は粘って良い記録を出して欲しいです。

 

髙久龍選手は今大会で最も自己ベストが速い選手です。

好条件で出た記録であることと、東日本実業団駅伝での成績が良くなかったので、今回は上位予想をしませんでした。

 

設楽啓太選手は東日本実業団駅伝のエース区間で区間賞でした。

そろそろサブテンを達成してほしいです。

 

作田直也選手や大塚祥平選手も好調なので、サブテンが大量に出そうです。

今回のメンバーであれば、最低でも5人はサブテンでゴールして欲しいです。

 

スポンサーリンク