高校駅伝2020予想

2020年12月20日に全国高等学校駅伝競走大会が行われます。

男子は第71回、女子は第32回です。

この記事では出場校一覧と15位までの順位予想と戦力分析、注目選手の紹介をしています。

 

スポンサーリンク

第32回女子高校駅伝2010

大会情報

スタート時間:10時20分

テレビ放送:NHK

コース:たけびしスタジアム京都

 

1区:6km

2区:4,0975km

3区:3km

4区:3km

5区:5km

合計:21,0975km

※外国人留学生は1区以外で1名のみ

 

↓前回の結果

出場校一覧

※数字はゼッケンナンバー

 

1,北海道:旭川龍谷

2,青森:青森山田

3,岩手:盛岡誠桜

4,宮城:仙台育英

5,秋田:秋田北鷹

6,山形:山形城北

7,福島:学法石川

8,茨城:茨城キリスト

9,栃木:宇都宮文星女子

10,群馬:常磐

11,埼玉:埼玉栄

12,千葉:成田

13,東京:順天

14,神奈川:橘

15,山梨:山梨学院

16,新潟:新潟明訓

17,長野:長野東

18,富山:富山商

19,石川:星稜

20,福井:鯖江

21,静岡:常葉大菊川

22,愛知:安城学園

23,三重:津商

24,岐阜:美濃加茂

25,滋賀:比叡山

26,京都:立命館宇治

27,大阪:大阪薫英女学院

28,兵庫:須磨学園

29,奈良:智辯学園奈良カレッジ

30,和歌山:智辯和歌山

31,鳥取:鳥取城北

32,島根:平田

33,岡山:興譲館

34,広島:世羅

35,山口:西京

36,香川:高松工芸

37,徳島:富岡東

38,愛媛:八幡浜

39,高知:山田

40,福岡:北九州市立

41,佐賀:白石

42,長崎:諫早

43,大分:大分東明

44,熊本:千原台

45,宮崎:小林

46,鹿児島:神村学園

47,沖縄:名護

 

スポンサーリンク

順位予想(15位まで)

優勝 仙台育英(宮城)

2位 神村学園(鹿児島)

3位 須磨学園(兵庫)

4位 立命館宇治(京都)

5位 北九州市立(福岡)

6位 世羅(広島)

7位 興譲館(岡山)

8位 大阪薫英女学院(大阪)

9位 常磐(群馬)

10位 成田(千葉)

11位 諫早(長崎)

12位 長野東(長野)

13位 昌平(埼玉)

14位 錦城学園(東京)

15位 安城学園(愛知)

優勝候補と展開予想

今回も仙台育英と神村学園が優勝候補です。

前回は2位と3位の差が1分以上ありましたが、今回も1分以上の差がつくと思います。

1時間6分26秒の大会記録更新も出来そうです。

 

留学生は2人とも2区を走るとすると、神村学園の方が30秒有利と見ています。

ただ、仙台育英のジェニファー・ムワンデ選手は実績が少ないので、意外と差がつかない可能性もあります。

 

3・4区は合わせて仙台育英が5秒有利、5区は仙台育英が10秒有利と見ています。

そうなると1区で仙台育英が神村学園に15秒差で同じということになります。

私は15秒以上つくと予想しています。

ちなみに、前回は34秒差でした。

 

仙台育英の小海遥選手は予選は体調不良で欠場していました。

本戦には復帰予定とのことです。

 

須磨学園は前回6位のメンバーが4人残っています。

土井葉月選手は前回1区6位でした。

戦力は前回より上だと思いますが、上位2チームが強すぎるので勝つのは難しいと思います。

 

立命館宇治も前回7位のメンバーが4人残っていて、スーパールーキーの細谷愛子選手がいます。

不安なのは三原梓選手と村松灯選手がケガで予選を欠場していたことです。

軽いケガのようで、本戦には復帰予定とのことです。

 

北九州市立は前回3位のメンバーが4人残っていた筑紫女学園に福岡予選で勝ちました。

しかし、福岡予選はトラック勝負だったのでロードでどうなるかです。

力のある酒井美玖選手が1区で貯金を作りたいです。

 

世羅と興譲館は留学生が強いです。

 

他の注目選手は成田の山崎りさ選手と小坂井智絵選手、前回1区3位だった常磐の星野輝麗選手です。

 

スポンサーリンク

第71回男子高校駅伝2020

大会情報

スタート時間:12時30分

テレビ放送:NHK

コース:たけびしスタジアム京都

 

1区:10km

2区:3km

3区:8,1075km

4区:8,0875km

5区:3km

6区:5km

7区:5km

合計:42,195km

※留学生は1区以外で1名のみ

 

↓前回の結果

出場校一覧

※数字はゼッケンナンバー

 

1,北海道:札幌山の手

2,青森:青森山田

3,岩手:一関学院

4,宮城:仙台育英

5,秋田:秋田工

6,山形:東海大山形

7,福島:学法石川

8,茨城:水城

9,栃木:那須拓陽

10,群馬:東農大二

11,埼玉:埼玉栄

12,千葉:八千代松陰

13,東京:国学院久我山

14,神奈川:相洋

15,山梨:山梨学院

16,新潟:中越

17,長野:佐久長聖

18,富山:高岡向陵

19,石川:遊学館

20,福井:敦賀気比

21,静岡:浜松商

22,愛知:豊川

23,三重:四日市工業

24,岐阜:益田清風

25,滋賀:滋賀学園

26,京都:洛南

27,大阪:大阪

28,兵庫:須磨学園

29,奈良:智辯学園奈良カレッジ

30,和歌山:智辯和歌山

31,鳥取:鳥取城北

32,島根:平田

33,岡山:倉敷

34,広島:世羅

35,山口:西京

36,香川:小豆島中央

37,徳島:つるぎ

38,愛媛:宇和島東

39,高知:高知中央

40,福岡:大牟田

41,佐賀:鳥栖工

42,長崎:鎮西学院

43,大分:大分東明

44,熊本:九州学院

45,宮崎:小林

46,鹿児島:鹿児島実業

47,沖縄:北山

 

スポンサーリンク

順位予想(15位まで)

優勝 仙台育英(宮城)

2位 佐久長聖(長野)

3位 世羅(広島)

4位 須磨学園(兵庫)

5位 学法石川(福島)

6位 大牟田(福岡)

7位 豊川(愛知)

8位 九州学院(熊本)

9位 小林(宮崎)

10位 倉敷(岡山)

11位 洛南(京都)

12位 東農大二(群馬)

13位 鳥栖工業(佐賀)

14位 秋田工業(秋田)

15位 智辯カレッジ(奈良)

優勝候補と展開予想

ディフェンディングチャンピオンである仙台育英が今回も優勝候補です。

予選タイムは距離が約550m長かったのに最速タイムでした。

留学生が強く、日本人選手の層が厚いです。

1区で大きく遅れなければ優勝の可能性が高いと思います。

2時間1分18秒の大会記録も狙える戦力です。

 

佐久長聖は留学生はいませんが、前回より戦力がアップしています。

国内最高タイムである2時間2分18秒を更新できる可能性が高いです。

5000m高校歴代2位の記録を出した伊藤大志選手が1区で仙台育英に大きく差をつけると優勝が見えてきます。

他にも強い選手が揃っていて、13分台の選手も2人います。

 

世羅は予選で留学生なしで2時間4分台でした。

日本人選手も13分台が3人います。

世羅も優勝が狙える戦力があると思います。

 

今回の1番の注目選手は5000m高校最高記録を出した東農大二の石田洸介選手です。

序盤からハイペースでいけば28分30秒くらいの記録も出るかもしれません。

 

他の注目選手は前回1区3位の九州学院の鶴川正也選手、13分48秒の記録を持っている鹿児島実業の徳丸寛太選手です。

 

スポンサーリンク