2019年12月22日に全国高校駅伝が行われました。

この記事では女子と男子の総合順位・総合タイム・区間賞をまとめています。

 

スポンサーリンク

第31回女子高校駅伝2019結果

総合順位

優勝 1:07:00 仙台育英(宮城)

2位 1:07:19 神村学園(鹿児島) 

3位 1:08:24 筑紫女学園(福岡) 

4位 1:08:41 興譲館(岡山)

5位 1:08:47 青森山田(青森)

6位 1:08:59 須磨学園(兵庫)

7位 1:09:04 立命館宇治(京都) 

8位 1:09:05 諫早(長崎)

9位 1:09:20 長野東(長野)

10位 1:09:22 常磐(群馬)

11位 1:09:22 成田(千葉)

12位 1:09:30 世羅(広島)

13位 1:09:52 昌平(埼玉)

14位 1:09:57 大阪薫英女学院(大阪) 

15位 1:10:01 錦城学園(東京) 

16位 1:10:12 富山商(富山)

17位 1:10:45 大分東明(大分)

18位 1:10:49 千原台(熊本)

19位 1:10:50 和歌山北(和歌山)

20位 1:11:38 西京(山口)

21位 1:11:39 白鵬女子(神奈川) 

22位 1:11:54 学法石川(福島)

23位 1:12:03 比叡山(滋賀)

24位 1:12:04 水城(茨城)

25位 1:12:08 常葉大菊川(静岡)

26位 1:12:20 白鴎大足利(栃木) 

27位 1:12:27 星稜(石川)

28位 1:12:29 八幡浜(愛媛)

29位 1:12:36 白石(佐賀)

30位 1:12:37 高松工芸(香川)

31位 1:12:39 豊川(愛知)

32位 1:12:46 山梨学院(山梨)

33位 1:12:47 小林(宮崎)

34位 1:13:00 盛岡誠桜(岩手)

35位 1:13:04 山形城北(山形)

36位 1:13:50 鳴門(徳島)

37位 1:14:12 旭川龍谷(北海道)

38位 1:14:19 県岐阜商(岐阜)

39位 1:14:36 鯖江(福井)

40位 1:14:39 平田(島根)

41位 1:14:50 新潟明訓(新潟)

42位 1:15:14 四日市商業(三重) 

43位 1:15:36  智辯学園奈良カレッジ(奈良)

44位 1:16:00 秋田北鷹(秋田)

45位 1:16:15 山田(高知)

46位 1:16:50 鳥取城北(鳥取)

47位 1:17:16 名護(沖縄)

 

優勝タイムは前回より速いですが、全体的にみると前回より少し遅いです。

区間賞

1区 小海遥(仙台育英)

2区 テレシア・ムッソーニ(世羅)

3区 清水萌(仙台育英)

4区 山中菜摘(仙台育英)

5区 エリザベス・ジェリー(青森山田)

全体の感想

1区は三原梓選手が途中で抜け出しましたが、終盤の坂で失速してしまいました。

2区以降の戦力を考えると1区で貯金を作っておきたかったんだと思います。

 

区間賞争いは仙台育英の小海遥選手と和歌山北の小倉稜央選手の対決になりました。

最後に競り勝った小海選手は優勝に向けて良いスタートを切れました。

区間2位だった小倉選手はトラックではそこまでの実績はありませんが、和歌山県予選でも好タイムで走っていたので、ロードに強い選手だと思います。

 

優勝候補だった神村学園は1区で34秒も遅れてしまいました。

1区の遅れで8割以上、勝負が決まった感じがします。

 

仙台育英は全区間強かったです。

神村学園は全員2年生なので、今回勝っていれば3連覇濃厚だったと思います。

次回も2強になりそうな気がします。

 

3位の筑紫女学園も全区間区間上位の好走でした。

4区以外の選手が残るので、2年連続3位もありそうです。

 

須磨学園はなぜ石松愛朱加選手が3区だったの?という結果でした。

2区か5区の方が良かったと思います。

 

立命館宇治は三原姉妹が思ったより良くなかったです。

成田は風間歩佳選手が1区を走れなかったのが痛かったです。

 

スポンサーリンク

第70回男子高校駅伝2019結果速報

総合順位

優勝 2:01:32 仙台育英(宮城) 

2位 2:01:35 倉敷(岡山) 

3位 2:02:28 佐久長聖(長野) 

4位 2:02:39 九州学院(南九州地区・熊本) 

5位 2:02:43 学法石川(福島) 

6位 2:02:52 大分東明(大分) 

7位 2:02:56 宮崎日大(宮崎)

8位 2:02:57 自由ケ丘(福岡)

9位 2:03:00 東農大二(群馬)

10位 2:03:16 豊川(愛知) 

11位 2:03:25 洛南(京都) 

12位 2:03:31 世羅(広島) 

13位 2:03:43 秋田工業(秋田) 

14位 2:03:46 須磨学園(近畿地区・兵庫)

15位 2:03:50 四日市工業(三重)

16位 2:03:53 八千代松陰(千葉)

17位 2:04:41 鳥栖工(佐賀) 

18位 2:04:42 大牟田(北九州地区・福岡)

19位 2:04:43 開新(熊本) 

20位 2:04:48 国学院久我山(東京)

21位 2:05:04 鎌倉学園(南関東地区・神奈川) 

22位 2:05:42 埼玉栄(埼玉) 

23位 2:05:50 札幌山の手(北海道)

24位 2:05:51 西脇工業(兵庫) 

25位 2:05:51 滋賀学園(滋賀)

26位 2:06:11 遊学館(石川) 

27位 2:06:12 西京(山口) 

28位 2:06:13 智弁学園奈良カレッジ(奈良)

29位 2:06:20 東洋大牛久(茨城) 

30位 2:06:45 北海道栄(北海道地区・北海道)

31位 2:06:51 水城(北関東地区・茨城) 

32位 2:06:56 田村(東北地区・福島)

33位 2:07:01 水島工業(中国地区・岡山)

34位 2:07:16 藤沢翔陵(神奈川)

35位 2:07:25 美方(北信越大会・福井) 

36位 2:07:37 敦賀気比(福井)

37位 2:07:40 富山商業(富山)

38位 2:07:42 関大北陽(大阪)

39位 2:07:42 伊賀白鳳(東海地区・三重)

40位 2:07:43 松浦(長崎)

41位 2:07:48 那須拓陽(栃木) 

42位 2:07:55 徳島科学技術(徳島) 

43位 2:08:13 鹿児島実業(鹿児島) 

44位 2:08:18 山梨学院(山梨) 

45位 2:08:22 小豆島中央(香川) 

46位 2:08:28 島田(静岡) 

47位 2:08:35 東海大山形(山形) 

48位 2:08:39 智弁和歌山(和歌山)

49位 2:08:53 松山商業(四国地区・愛媛)

50位 2:09:12 青森山田(青森)

51位 2:09:25 中越(新潟)

52位 2:09:41 中京学院中京(岐阜)

53位 2:09:49 一関学院(岩手)

54位 2:10:04 高知農業(高知)

55位 2:10:34 北山(沖縄)

56位 2:10:35 鳥取城北(鳥取)

57位 2:11:32 出雲工業(島根)

58位 2:13:20 新居浜東(愛媛)

 

全体的にタイムが速く、入賞ラインは前回より2分以上速かったです。

区間賞

1区 佐藤一世(八千代松陰)

2区 白井勇佑(仙台育英)

   越陽汰(佐久長聖)

   佐藤圭汰(洛南)

3区 フィレモン・キプラガット(倉敷)

4区 松並昂勢(自由ケ丘)

   伊井修司(東農大二)

5区 上仮屋雄太(須磨学園)

6区 ムチリ・ディラング(仙台育英)

7区 小牧波亜斗(洛南)

全体の感想

1区は序盤から佐藤一世選手が引っ張ってそのまま区間賞という強すぎる内容でした。

1区の日本人最高タイムでした。

青山学院大学に進学予定で、これからも楽しみな選手です。

 

1区は今回レベルが高く、28分台が7人出ました。

逆に三浦龍司選手は予想以上に遅かったです。

 

優勝争いは序盤で倉敷が頑張ったので、大きな貯金を作ることができました。

3区が終わった段階でいい勝負になりそうだなと思っていたら、トラック勝負までいきました。

仙台育英は全区間で区間上位の安定した強さでした。

6区にディラング選手は区間新記録でした。

 

ちなみに6区はディラング選手が目立ってましたが、宮崎日大の城戸洸輝選手がディラング選手から2秒遅れただけの好走でした。

宮崎日大は2年連続2回目の出場で初入賞でした。

 

2位の倉敷は1区・2区で好位置につけて、キプラガット選手で大きな貯金を作るという理想的な展開でした。

4区以降も粘ったんですが、仙台育英が強かったです。

 

3位の佐久長聖は3区と7区が少し遅かったですが、全体的に良かったと思います。

4位の九州学院は熊本県予選で負けましたが、本戦は見事に調子を合わせてきました。

 

世羅は1区と4区が遅かったので、予想順位よりもかなり下になりました。

自由ケ丘は初出場で初入賞でした。

今後の注目駅伝の紹介

2019年12月30日

富士山女子駅伝2019全チーム順位予想

 

2020年1月1日

ニューイヤー駅伝2020全チーム順位予想

 

2020年1月2日・3日

箱根駅伝2020全チーム順位予想

 

スポンサーリンク