高校駅伝2019区間エントリー後の最終順位予想と展開予想

2019年12月22日に行われる全国高校駅伝の区間エントリーが発表されました。

この記事では区間エントリー発表後の順位予想を15位までしています。

簡単な展開予想もしています。

 

出場校一覧と区間エントリー発表前の予想記事はこちら

高校駅伝2019順位予想

 

スポンサーリンク

第31回女子高校駅伝2019

区間エントリー発表後の順位予想

優勝 神村学園(鹿児島)

2位 仙台育英(宮城)

3位 立命館宇治(京都)

4位 須磨学園(兵庫)

5位 興譲館(岡山)

6位 豊川(愛知)

7位 成田(千葉)

8位 長野東(長野)

9位 筑紫女学園(福岡)

10位 諫早(長崎)

11位 錦城学園(東京)

12位 薫英女学院(大阪)

13位 常磐(群馬)

14位 世羅(広島)

15位 大分東明(大分)

 

16位以下はこちらを参考にしてください。

高校駅伝2019予選会タイムランキング

優勝候補と展開予想

神村学園と仙台育英の主力が全員区間エントリーされています。

優勝候補はこの2校です。

 

神村学園はシンシア選手を2区に配置してきました。

先頭を走ったほうが3区以降が安定するという考えだと思います。

今回は留学生が6人エントリーしていますが、2区が5人、5区が1人でした。

区間距離は5区の方が長いですが、2区を重視するチームが多いです。

 

1区は仙台育英の方が有利です。

仙台育英は最低でも10秒の差をつけておきたい区間です。

 

2区は神村学園の方が圧倒的に有利です。

神村学園はできれば30秒の貯金が欲しいです。

 

3・4区はわずかに仙台育英の方が有利です。

仙台育英は最低でも20秒以内でアンカーにつなぎたいです。

 

5区は仙台育英の方が15秒くらい有利だと思います。

区間エントリーを見た感想

成田の風間歩佳選手は3区なので調子が悪そうです。

1区で区間上位が期待できる選手です。

3位争いから入賞争いまで落ちたかなという感じです。

 

予選を欠場していた豊川の古川璃音選手が2区にエントリーしています。

上手くいけば3位が狙えそうです。

 

立命館宇治の村松灯選手も予選は欠場でしたが、5区にエントリーしています。

1区の三原梓選手が区間賞を獲れれば3位以内に入る可能性が高くなります。

 

須磨学園は石松愛朱加選手が3区なのが少し気になります。

層が厚いのでそんなに問題ないとは思いますが。

 

スポンサーリンク

第70回男子高校駅伝2019

区間エントリー発表後の順位予想

優勝 仙台育英(宮城)

2位 佐久長聖(長野)

3位 倉敷(岡山)

4位 世羅(広島)

5位 学法石川(福島)

6位 豊川(愛知)

7位 洛南(京都)

8位 大分東明(大分)

9位 宮崎日大(宮崎)

10位 東農大二(群馬)

11位 国学院久我山(東京)

12位 九州学院(南九州地区・熊本)

13位 鳥栖工業(鳥栖工業)

14位 自由ケ丘(福岡)

15位 開新(熊本)

 

16位以下はこちらを参考にしてください。

高校駅伝2019予選会タイムランキング

優勝候補と展開予想

男子は予想順位の変更はありませんでした。

有力選手がきっちりと主要区間にエントリーしています。

 

2区までは混戦になりそうです。

3区で倉敷がキプラガット選手で独走状態になると思います。

4区は世羅のムワニキ選手が先頭付近までくると思います。

5区以降は仙台育英と佐久長聖が追ってくるでしょう。

 

予選タイムは仙台育英が圧倒的でしたが、良い勝負になると思います。

区間エントリーを見た感想

男子は順当なエントリーで、気になったのは佐久長聖の服部凱杏選手くらいです。

佐久長聖は層が厚いので、大きな影響はないと思います。

 

1区はハイレベルが選手が揃っていて、区間賞候補が10人くらいいます。

私は八千代松陰の佐藤一世選手か洛南の三浦龍司選手のどちらかが区間賞を獲るという予想です。

スプリント勝負だと三浦選手のほうが有利だと思うので、佐藤一世選手が早めに仕掛けると思います。

 

今回は記念大会なので、同じ都道府県対決も面白そうです。

15連覇を阻止された九州学院と50年ぶり出場の開新は本戦ではどちらが勝つんでしょうか。

 

スポンサーリンク