2019年12月22日に全国高校駅伝が行われます。

この記事では全国高校駅伝2019の出場校一覧・15位までの順位予想をしています。

 

スポンサーリンク

第31回女子高校駅伝2019

大会情報

スタート時間:10時20分

テレビ放送:NHK

 

1区:6km

2区:4,0975km

3区:3km

4区:3km

5区:5km

合計:21,0975km

出場校一覧

※数字はゼッケンナンバー

 

1,北海道:旭川龍谷

2,青森:青森山田

3,岩手:盛岡誠桜

4,宮城:仙台育英

5,秋田:秋田北鷹

6,山形:山形城北

7,福島:学法石川

8,茨城:水城

9,栃木:白鴎大足利

10,群馬:常磐

11,埼玉:埼玉栄

12,千葉:成田

13,東京:順天

14,神奈川:白鵬女子

15,山梨:山梨学院

16,新潟:新潟明訓

17,長野:長野東

18,富山:富山商

19,石川:星稜

20,福井:鯖江

21,静岡:常葉大菊川

22,愛知:豊川

23,三重:四日市商業

24,岐阜:県岐阜商

25,滋賀:比叡山

26,京都:立命館宇治

27,大阪:大阪薫英女学院

28,兵庫:須磨学園

29,奈良:智辯学園奈良カレッジ

30,和歌山:和歌山北

31,鳥取:鳥取城北

32,島根:平田

33,岡山:興譲館

34,広島:世羅

35,山口:西京

36,香川:高松工芸

37,徳島:鳴門

38,愛媛:八幡浜

39,高知:山田

40,福岡:筑紫女学園

41,佐賀:白石

42,長崎:諫早

43,大分:大分東明

44,熊本:千原台

45,宮崎:小林

46,鹿児島:神村学園

47,沖縄:名護

 

高校駅伝2019予選会日程一覧と結果

高校駅伝2019予選会タイムランキング

 

スポンサーリンク

順位予想(15位まで)

優勝 神村学園(鹿児島)

2位 仙台育英(宮城)

3位 須磨学園(兵庫)

4位 興譲館(岡山)

5位 立命館宇治(京都)

6位 成田(千葉)

7位 豊川(愛知)

8位 長野東(長野)

9位 筑紫女学園(福岡)

10位 諫早(長崎)

11位 錦城学園(東京)

12位 薫英女学院(大阪)

13位 常磐(群馬)

14位 世羅(広島)

15位 大分東明(大分)

優勝候補と展開予想

今回は神村学園と仙台育英の勝負になると思います。

仙台育英はエスタ・ムソニ選手が故障で出場できない可能性が高いです。

 

神村学園は留学生の中でもトップクラスのバイレ・シンシア選手が5区を走ると予想しています。

仙台育英は日本人オンリーなので、少し不利だと思います。

日本人選手の実力は仙台育英が少し上ですが、留学生の力の差が大きいです。

 

仙台育英が勝つには木村梨七選手を5区に配置して、4区までで30秒の貯金を作ることです。

バイレ・シンシア選手とは30秒で互角くらいの実力差だと思います。

木村梨七選手であれば追いつかれてからでも勝つ可能性があります。

 

1区は前回は廣中璃梨佳選手の力が抜けていましたが、今回は飛び抜けた選手はいません。

区間賞候補は、立命館宇治の三原梓選手、仙台育英の小海遥選手、成田の風間歩佳選手、錦城学園の増渕祐香選手、長野東の高松いずみ選手です。

 

スポンサーリンク

第70回男子高校駅伝2019

大会情報

スタート時間:12時30分

テレビ放送:NHK

 

1区:10km

2区:3km

3区:8,1075km

4区:8,0875km

5区:3km

6区:5km

7区:5km

合計:42,195km

出場校一覧

今回は記念大会なので地区代表校が11校あります。

※数字はゼッケンナンバー

 

1,北海道:札幌山の手

2,青森:青森山田

3,岩手:一関学院

4,宮城:仙台育英

5,秋田:秋田工

6,山形:東海大山形

7,福島:学法石川

8,茨城:東洋大牛久

9,栃木:那須拓陽

10,群馬:東農大二

11,埼玉:埼玉栄

12,千葉:八千代松陰

13,東京:国学院久我山

14,神奈川:藤沢翔陵

15,山梨:山梨学院

16,新潟:中越

17,長野:佐久長聖

18,富山:富山商業

19,石川:遊学館

20,福井:敦賀気比

21,静岡:島田

22,愛知:豊川

23,三重:四日市工業

24,岐阜:中京院中京

25,滋賀:滋賀学園

26,京都:洛南

27,大阪:関大北陽

28,兵庫:西脇工業

29,奈良:智辯学園奈良カレッジ

30,和歌山:智辯和歌山

31,鳥取:鳥取城北

32,島根:出雲工

33,岡山:倉敷

34,広島:世羅

35,山口:西京

36,香川:小豆島中央

37,徳島:徳島科学技術

38,愛媛:新居浜東

39,高知:高知農

40,福岡:自由ケ丘

41,佐賀:鳥栖工

42,長崎:松浦

43,大分:大分東明

44,熊本:開新

45,宮崎:宮崎日大

46,鹿児島:鹿児島実業

47,沖縄:北山

51,北海道地区:北海道栄

52,東北地区:田村

53,北関東地区:水城

54,南関東地区:鎌倉学園

55,北信越地区:美方

56,東海地区:伊賀白鳳

57,近畿地区:須磨学園

58,中国地区:水島工業

59,四国地区:松山商業

60,北九州地区:大牟田

61,南九州地区:九州学院

 

スポンサーリンク

順位予想(15位まで)

優勝 仙台育英(宮城)

2位 佐久長聖(長野)

3位 倉敷(岡山)

4位 世羅(広島)

5位 学法石川(福島)

6位 豊川(愛知)

7位 洛南(京都)

8位 大分東明(大分)

9位 宮崎日大(宮崎)

10位 東農大二(群馬)

11位 国学院久我山(東京)

12位 九州学院(南九州地区・熊本)

13位 鳥栖工業(鳥栖工業)

14位 自由ケ丘(福岡)

15位 開新(熊本)

優勝候補と展開予想

今回は上位の予選タイムが速かったです。

その中でも仙台育英が抜けています。

10000m28分台の喜早駿介選手、インターハイ5000m日本人トップの吉居大和選手が強力です。

さらに留学生もいますし、7番目の選手も速いです。

 

優勝争いは1区は混戦で3区で倉敷のキプラガット選手がトップになると予想しています。

仙台育英のディラング選手が4区か6区を走ると思うので、そこで逆転しそうです。

 

佐久長聖は日本人オンリーですが、7番目の選手が速いので、5区以降は追い上げてくると思います。

 

1区は混戦だと思いますが、区間賞候補としては八千代松陰の佐藤一世選手、洛南の三浦龍司選手、東農大二の石田洸介選手、佐久長聖の鈴木芽吹選手、鎌倉学園の児玉真輝選手、仙台育英の喜早駿介選手、埼玉栄の白鳥哲汰選手です。

 

入賞付近も混戦です。

前回は入賞ラインが2時間5分台でしたが、今回は2時間4分台前半~3分台になるかもしれません。

 

高校駅伝2019区間エントリー後の最終順位予想

 

スポンサーリンク