2020年1月1日に第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会、ニューイヤー駅伝が行われます。

この記事ではニューイヤー駅伝の大会情報・出場チーム・優勝候補の戦力分析・順位予想について書いています。

 

スポンサーリンク

ニューイヤー駅伝2020の大会情報

スタート時間:9時15分

テレビ放送:TBSで8時30分~14時30分

コース:群馬県庁

 

区間距離(前回と同じ)

※外国人選手は2区のみ

1区:12.3km

2区:8.3km

3区:13.6km

4区:22.4km

5区:15.8km

6区:12.1km

7区:15.5km

合計100.0km

ニューイヤー駅伝2020出場チーム一覧

予選の順位で並んでいます。

 

東日本(12チーム)

コニカミノルタ

Honda

JR東日本

ヤクルト

GMOアスリーツ

日立物流

カネボウ

SUBARU

小森コーポレーション

警視庁

プレス工業

コモディイイダ

 

中部(7チーム)

トヨタ自動車

愛三工業

トヨタ紡織

トーエネック

愛知製鋼

NTN

中央発條

 

北陸(2チーム)

YKK

セキノ興産

 

関西(4チーム)

SGH

住友電工

大阪ガス

NTT西日本

 

中国(4チーム)

マツダ

中電工

中国電力

JFEスチール

 

九州(8チーム)

旭化成

黒崎播磨

九電工

安川電機

MHPS

トヨタ自動車九州

西鉄

ひらまつ病院

 

詳しい順位とタイムはこちら

ニューイヤー駅伝2020予選会日程一覧と結果速報

 

スポンサーリンク

前回の順位トップ10

優勝 4:51:27 旭化成

2位 4:51:31 MHPS

3位 4:52:34 トヨタ自動車

4位 4:53:17 富士通

5位 4:53:37 コニカミノルタ

6位 4:54:16 トヨタ自動車九州

7位 4:54:20 マツダ

8位 4:55:02 カネボウ

9位 4:55:02 中国電力

10位 4:55:07 SUBARU

 

全チームのタイムと順位一覧はこちら

ニューイヤー駅伝2019結果

ニューイヤー駅伝2020の優勝候補

富士通が予選で負けてしまったのは残念です。

ベストオーダーなら優勝を狙える戦力がありました。

 

今回も旭化成が強いです。

しかし、トヨタ自動車も服部勇馬選手が4区で好走すれば、いい勝負になると思います。

Hondaは設楽悠太選手が4区で大きな貯金を作ることができればチャンスありです。

 

前回、旭化成といい勝負をしたMHPSは今シーズンは全体的に調子が良くないので、今回は優勝争いは難しそうです。

ニューイヤー駅伝2020全チーム順位予想

優勝 旭化成

2位 トヨタ自動車

3位 Honda

4位 コニカミノルタ

5位 マツダ

6位 MHPS

7位 住友電工

8位 GMOアスリーツ

9位 SGH

10位 トヨタ自動車九州

11位 九電工

12位 中電工

13位 SUBARU

14位 JR東日本

15位 安川電機

16位 トーエネック

17位 ヤクルト

18位 日立物流

19位 カネボウ

20位 愛三工業

21位 中国電力

22位 黒崎播磨

23位 小森コーポレーション

24位 NTT西日本

25位 トヨタ紡織

26位 愛知製鋼

27位 大阪ガス

28位 YKK

29位 警視庁

30位 NTN

31位 JFEスチール

32位 コモディイイダ

33位 西鉄

34位 プレス工業

35位 中央発條

36位 セキノ興産

37位 ひらまつ病院

 

スポンサーリンク

上位予想チームの戦力分析

旭化成

マラソンでは結果が出ていない旭化成ですが、トラックや駅伝では好走しています。

特に茂木圭次郎選手が好成績です。

山本修二選手が加入して、さらに層が厚くなっています。

 

トヨタ自動車

服部勇馬選手が好調で4区を走れると旭化成といい勝負ができると思います。

トラックで好調の田中秀幸選手が出場するのかも気になります。

予選には出場していませんでしたが、ニューイヤー駅伝で好成績を残している選手です。

 

Honda

東日本予選では2位でした。

設楽悠太選手は予選より調子を上げてきているでしょうし、予選を走らなかった中山顕選手が日体大記録会で好走しているので、東日本の中では最上位になると予想します。

 

コニカミノルタ

東日本予選優勝チームです。

菊地賢人選手、蜂須賀源選手、山本浩之選手が3~5区を走ると思いますが、この3区間が強いです。

あとは前回のように1区で遅れなければ上位に入ってくる可能性が高いです。

 

マツダ

中国予選でコースレコードを出しています。

前回と同じように延藤潤選手と山本憲二選手が3・4区で好走しそうです。

総合力は前回より上だと思います。

 

MHPS

九州予選では良くなかったですが、ニューイヤー駅伝では調子を上げてくると予想しています。

井上大仁選手は調子が上がってきているので、4区区間賞候補です。

 

住友電工

関西予選で走っていなかった田村和希選手と遠藤日向選手が出場すれば、入賞争いができると思います。

予選ではルーキーの坂口裕之選手が好走しています。

 

GMOアスリーツ

今年度から駅伝に参入したチームです。

大学時代に駅伝で活躍した選手が多いので、総合力が高いです。

予選では走れなかったビクター選手が走れるのであれば、上位争いも期待できます。

 

SGH

関西予選ではルーキーが4人走って優勝しました。

ニューイヤー駅伝では良くない結果が続いていますが、今回から流れが変わるのではないかと予想しています。

 

トヨタ自動車九州

4年連続で入賞しています。

毎年好走している今井正人選手がMGCから調子を上げてこれないと入賞は難しいと思います。

 

区間エントリー後の順位予想

 

スポンサーリンク