2017年10月14日(土)に第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会が行われます。

 

スタート時間は9時35分です。

 

この記事では箱根駅伝2018予選会のルールと順位予想について書いています。

 

スポンサーリンク

箱根駅伝予選会のルール

2018年1月2日、3日に行われる箱根駅伝に出場するには、前回の箱根駅伝で10位以内に入るか、2017年10月14日に行われる箱根駅伝予選会で10位以内に入らないといけません。

 

各大学の登録人数は12人です。

 

各大学の12人の選手は立川の20kmコースを走ります。

 

そして、12人中上位10人の記録の総合タイムで競います。

シード校

シード校は前回の箱根駅伝の上位10校です。

 

1位:青山学院大学

2位:東洋大学

3位:早稲田大学

4位:順天堂大学

5位:神奈川大学

6位:中央学院大学

7位:日本体育大学

8位:法政大学

9位: 駒澤大学

10位:東海大学

箱根駅伝2017結果

箱根駅伝2018予選会のエントリー発表はいつ?

箱根駅伝2018予選会のエントリー発表は2017年10月1日です。

 

スポンサーリンク

箱根駅伝2018予選会の順位予想

箱根駅伝2018予選会の順位予想を13位までします。

 

1位 帝京大学

2位 明治大学

3位 山梨学院大学

4位 國學院大學

5位 大東文化大学

6位 創価大学

7位 拓殖大学

8位 城西大学

9位 国士舘大学

10位 中央大学


11位 日本大学

12位 東京国際大学

13位 上武大学

 

予選通過はこの13校の中から10校だと思います。

 

この予想は95%以上当たるでしょう。

帝京大学

稼げる選手はいませんが、10番目の選手のタイムは全チーム中トップだと予想しています。

明治大学

坂口裕之選手が復活しましたので、上位で通過できるでしょう。

山梨学院大学

層が薄いので、6位くらいになるかもしれません。

國學院大學

層が厚く、1位通過してもおかしくないんですが、ここ2年の箱根駅伝予選会の成績は良くないです。

大東文化大学

今年度の成績はひどいんですが、前回の箱根駅伝予選会で1位を獲っていますから、上手く調整してくるのではないかと予想しています。

創価大学

前回の箱根駅伝予選会3位で、戦力はそんなに変わってないと思います。

拓殖大学

層は薄いですが、デレセ選手の貯金で何とか通過できると予想しています。

城西大学

前回は主力の欠場が響いて、予選を通過できませんでしたが、今年はどうでしょうか?

国士舘大学

ここまであまり結果を出せていないギトンガ選手が活躍するのではないかと予想しています。

中央大学

堀尾謙介選手の最近の成績が良くないのが気になります。

日本大学

石川颯真選手が卒業して、戦力が落ちていると思います。

東京国際大学

タイタス選手の調子が良くないのが気になります。

上武大学

箱根駅伝予選会では強いんですが、前回より戦力が落ちているように思うので、難しく感じます。

 

エントリー発表後、最終予想をする予定です。

 

スポンサーリンク