2017年8月6日にロンドン世界陸上のマラソンが行われます。

 

この記事ではマラソンのケニア代表についてまとめています。

 

スポンサーリンク

ロンドン世界陸上マラソンのケニア代表選手

男子

ジェフリー・キルイ

自己ベスト 2時間06分27秒

 

ジェフリー・キルイ選手はボストンマラソン2017で優勝しました。大迫傑選手が3位に入った大会です。

ボストンマラソン2017結果

ダニエル・ワンジル

自己ベスト 2時間05分21秒

 

ダニエル・ワンジル選手はロンドンマラソン2017で優勝しました。ベケレ選手に勝ったので、価値のある優勝だと思います。

ロンドンマラソン2017結果

ギデオン・キプテケル

自己ベスト 2時間05分51秒

 

ギデオン・キプテケル選手は東京マラソン2017で2位に入っています。

東京マラソン2017結果

まとめ

ケニアのマラソン選手と言えば、リオオリンピック金メダリストのエリウド・キプチョゲ選手と、東京マラソン2017で優勝したウィルソン・キプサング選手がいます。

リオオリンピック男子マラソン結果

 

キプチョゲ選手は現在、マラソンの2時間切りに挑戦しているので、こちらを優先するということでしょう。

 

キプサング選手は2017年9月に行われるベルリンマラソンへの出場を予定しているので、辞退したそうです。

 

金メダル候補の2人が欠場しても、ケニアは層が厚いので、今回選ばれた3選手は全員、メダルを狙える実力を持っています。

ロンドン世界陸上男子マラソン予想

 

スポンサーリンク

女子

エドナ・キプラガト

自己ベスト 2時間19分50秒

 

エドナ・キプラガト選手はボストンマラソン2017で優勝しました。37歳なんですが、2時間21分52秒という素晴らしい記録を出しているので、力はまだまだあります。

 

キプラガト選手は2011年のテグ世界陸上、2013年のモスクワ世界陸上で金メダルを獲得しています。

プリティ・リオノリポ

自己ベスト 2時間20分55秒

 

プリティ・リオノリポ選手はパリマラソン2017で優勝しました。

ヘラー・キプロプ

自己ベスト 2時間21分27秒

 

ヘラー・キプロプ選手は2015年の北京世界陸上で銀メダル、東京マラソン2016で優勝しています。

 

しかし、リオオリンピックでは途中棄権、その後もロンドンマラソン2017で7位と結果を残せていません。

 

過去の実績が評価されての代表入りなんだと思います。

 

まとめ

ロンドンマラソン2017優勝のメアリー・ケイタニー選手と、東京マラソン2017優勝のサラ・チェプチルチル選手が選ばれていません。

 

今回選ばれた3選手だと、日本人選手との差はそんなに無いと思います。金メダルは難しそうで、表彰台無しも十分にありえます。

 

ロンドン世界陸上の女子マラソンはエチオピアのメンバーが強く、バーレーンのユニス・ジェプキルイ・キルワ選手も強い選手です。

ロンドン世界陸上女子マラソン予想

 

スポンサーリンク

 

ロンドン世界陸上マラソンエチオピア代表