この記事ではドーハ世界陸上2019女子5000mの結果をまとめています。

日本人は田中希実選手と木村友香選手が出場しています。

 

スポンサーリンク

ドーハ世界陸上女子5000m結果速報

※Qは着順通過、qは記録通過

予選

通過条件:5着+5

1組

1位 14:52.13Q ヘレン・オビリ(ケニア)

2位 14:52.41Q カリッサ・シュワイツァー(アメリカ)

3位 14:53.85Q ハヴィ・フェイサ(エチオピア)

4位 14:55.79Q エイリシュ・マコルガン(イギリス)

5位 15:02.19Q カミール・ブスコンブ(ニュージーランド)

6位 15:04.66q 田中希実(豊田自動織機TC)

7位 15:04.67q A.セカフィエン(カナダ)

8位 15:05.01q D.スコット(南アフリカ)

9位 15:08.82q E.プリエ(アメリカ)

10位 15:19.90 S.チェランガト(ウガンダ)

11位 15:28.65 H.クレイン(ドイツ)

12位 15:56.49 F.ボレリ(アルゼンチン)

13位 16:25.82 C.マヒマナ(ブルンジ)

途中棄権

M.コスター(オランダ)

K.グローフダル(ノルウェー)

 

田中希実選手が日本歴代3位の記録で決勝に進出しました。

東京オリンピックの参加標準記録も突破しています。

自己ベストもシーズンベストも1組で11位でしたが、大幅に自己ベストを更新しました。

 

序盤そこそこのペースで先頭が走ってくれったのが良かったと思います。

2000mからペースが上がっても付いていけました。

自己ベスト更新はあると思っていましたが、予想以上のタイムが出ました。

興奮して感動するレースでした。

 

オビリ選手は余裕の通過という感じで、金メダル獲得の可能性が高そうです。

 

シュワイツァー選手は10秒弱の自己ベスト更新です。

メダル獲得の可能性はあると思います。

 

ブスコンブ選手は20秒弱の自己ベスト更新です。

10000mでも自己ベストを20秒以上更新していました。

29歳の選手ですが、ドーハで一気に記録を伸ばしています。

2組

1位 15:01.57Q ツェハイ・ゲメチュ(エチオピア)

2位 15:01.57Q コンスタンツェ・クロスターハルフェン(ドイツ)

3位 15:01.58Q マーガレット・キプケンボイ(ケニア)

4位 15:02.03Q リリアン・レンゲルク(ケニア)

5位 15:02.24Q ローラ・ウェイトマン(イギリス)

6位 15:02.74q ファンツ・ウォルク(エチオピア)

7位 15:11.76 A.モラー(デンマーク)

8位 15:30.00 R.シュナイダー(アメリカ)

9位 15:37.37 メリッサ・ダンカン(オーストラリア・資生堂)

10位 15:41.27 R.クリフ(カナダ)

11位 15:51.48 J.ジュッド(イギリス)

12位 15:52.11 V.ザンダロワ(グルジア)

13位 15:53.08 木村友香(資生堂)

途中棄権 T.ガショー(バーレーン)

 

木村友香選手は調子が悪くなかったようですが消極的なレースでした。

2組はペースが遅かったので、先頭を走ったほうが良かったと思います。

 

木村友香選手と同じ資生堂所属のメリッサ・ダンカン選手も出場していましたが、予選は通過できませんでした。

 

スポンサーリンク

決勝

金メダル 14:26.72 ヘレン・オビリ(ケニア)

銀メダル 14:27.49 マーガレット・キプケンボイ(ケニア)

銅メダル 14:28.43 コンスタンツェ・クロスターハルフェン(ドイツ)

4位 14:29.60 ツェハイ・ゲメチュ(エチオピア)

5位 14:36.05 リリアン・レンゲルク(ケニア)

6位 14:40.47 ファンツ・ウォルク(エチオピア)

7位 14:44.57 ローラ・ウェイトマン(イギリス)

8位 14:44.92 ハヴィ・フェイサ(エチオピア)

9位 14:45.18 カリッサ・シュワイツァー(アメリカ)

10位 14:46.17 エイリシュ・マコルガン(イギリス)

11位 14:58.17 E.プリエ(アメリカ)

12位 14:58.59 カミール・ブスコンブ(ニュージーランド)

13位 14:59.95 A.セカフィエン(カナダ)

14位 15:00.01 田中希実(豊田自動織機TC)

15位 15:24.47 D.スコット(南アフリカ)

 

田中希実選手が日本歴代2位の記録を出しました。

2000mまでは日本記録ペースでしたが、少しペースが落ちました。

最後の1周は65秒台で走りましたが、惜しくも14分台には届きませんでした。

予選、決勝とすばらしい走りでした。

 

金メダル争いはラスト勝負でオビリ選手が勝ちました。

ラスト1周は58秒台で走っています。

序盤から先頭を引っ張っての優勝なので強い勝ち方でした。

他の選手にロングスパートをさせませんでした。

 

序盤からハイペースだったので、15人中11人が自己ベスト更新でした。

入賞ラインが14分45秒なので過去最速じゃないでしょうか。

 

ロンドン世界陸上2017女子5000m結果

 

スポンサーリンク