2017年8月12日から女子4×400mリレーが行われました。

 

4×400mリレーはマイルリレーと呼ばれることもあります。

 

女子4×400mリレーに日本代表選手はいません。

 

この記事ではロンドン世界陸上女子4×400mリレーの結果速報を順位一覧ができるようにまとめています。

 

スポンサーリンク

ロンドン世界陸上女子4×400mリレー結果速報

※Qは着順通過、qは記録通過

予選

通過条件:3着+2

1組

  タイム   国名
1 3:21.66 Q アメリカ
2 3:24.74 Q イギリス
3 3:26.90 Q ボツワナ
4 3:27.59 q フランス
5 3:28.02   オーストラリア
6 3:28.47   カナダ
  失格   インド
  失格   オランダ

2組

  タイム   国名
1 3:23.64 Q ジャマイカ
2 3:25.40 Q ナイジェリア
3 3:26.24 Q ドイツ
4 3:26.47 q ポーランド
5 3:27.81   イタリア
6 3:31.84   ウクライナ
7 3:37.82   南アフリカ
  途中棄権   バハマ

 

アリソン・フェリックス選手は4×100mリレーの予選に出場していたので、マイルリレーの予選は走りませんでした。

女子4×100mリレー結果

 

決勝は時間があいているので、両方出場すると思います。

 

アメリカとジャマイカの争いになりそうですが、アメリカが有利でしょう。

 

メダルが狙える力があるバハマは転倒してしまいました。

 

スポンサーリンク

決勝

  タイム 国名
1 3:19.02 アメリカ
2 3:25.00 イギリス
3 3:25.41 ポーランド
4 3:26.56 フランス
5 3:26.72 ナイジェリア
6 3:27.45 ドイツ
7 3:28.00 ボツワナ
  途中棄権 ジャマイカ

 

ジャマイカは2走のマクローリン選手が脚を痛めて途中棄権となりました。

 

アメリカは圧倒的に強かったです。

 

アリソン・フェリックス選手は世界陸上で11個目の金メダルとなりました。

 

スポンサーリンク

 

女子4×100m(400m)リレー結果

ロンドン世界陸上2017全競技日程

日本人選手の結果速報一覧