2017年4月23日にロンドンマラソンが行われました。

 

ロンドンマラソンは出場選手のレベルが高く、好記録が何回も出ている大会です。今回も有力選手が多数出場していました。

 

この記事ではロンドンマラソン2017の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

ロンドンマラソン2017結果速報

女子

1位 2:17:01 メアリー・ケイタニー(ケニア)

2位 2:17:56 ティルネシュ・ディババ(エチオピア)

3位 2:23:08 アセレフェチ・メルギア(エチオピア)

4位 2:23:50 ビビアン・チェルイヨット(ケニア)

5位 2:25:15 リサ・ウェイトマン(オーストラリア)

7位 2:25:39 ヘラー・キプロプ(ケニア)

9位 2:26:25 フローレンス・キプラガト(ケニア)

途中棄権 マレ・ディババ(エチオピア)

 

メアリー・ケイタニー選手は世界歴代2位、ティルネシュ・ディババ選手は世界歴代3位のタイムです。

 

ケイタニーのラップタイム

5km 15:31

10km 31:17(15:46)

15km 47:15(15:58)

20km 1:03:26(16:11)

ハーフ 1:06:54

25km 1:19:43(16:17)

30km 1:36:05(16:22)

35km 1:52:39(16:34)

40km 2:09:38(16:59)

フィニッシュ 2:17:01(7:23)

 

前半は世界新記録ペースでいきましたが、少しずつペースが落ちていっています。世界新記録には届かなかったんですが、女子もやっと好記録が出ました。

 

最近は男子ばっかり好記録が出ていて、女子は出ていませんでした。これから好記録がどんどん出てくるかもしれませんね。

 

ロンドン世界陸上が面白くなってきました。ティルネシュ・ディババ選手はトラックも速いんですが、ロンドン世界陸上はどっちで出るんでしょうか?

 

スポンサーリンク

男子

1位 2:05:48 ダニエル・ワンジル(ケニア)

2位 2:05:57 ケネニサ・ベケレ(エチオピア)

3位 2:07:41 ビダン・カロキ(ケニア/DeNA)

4位 2:07:45 アベル・キルイ(ケニア)

5位 2:09:10 アルフォンス・シンプ(タンザニア)

6位 2:09:57 ギルメイ・ゲブラスラシエ(エリトリア)

12位 2:14:12 フェイサ・リレサ(エチオピア)

17位 2:16:09 テスファエ・アベラ(エチオピア)

 

男子の方は女子と比べると記録は良くないです。出場選手のレベルを考えれば、もう少し良い記録が出てもいいと思います。

 

ビダン・カロキ選手はDeNAに所属している選手です。初マラソンだったんですが、まずまずの記録だったと思います。ラップタイムを見ると、終盤に失速してしまっているので、最後まで持てば好記録が期待できます。

 

まだ出場選手が決まっていませんが、ロンドン世界陸上はキプサング選手とベケレ選手に注目です。

 

スポンサーリンク