2017年7月2日にゴールドコーストマラソンが行われました。

 

ゴールドコーストマラソンはオーストラリアで開催されています。オーストラリアなので涼しく、平均気温は10~15度です。

 

ゴールドコーストマラソン2017には有名な日本代表選手が何人か出場していましたので、こちらの記事でまとめました。

 

スポンサーリンク

ゴールドコーストマラソン2017結果速報

男子

1位 2:08:59 野口拓也(コニカミノルタ)

3位 2:09:18 川内優輝(埼玉県庁)

4位 2:10:19 橋本崚(GMOアスリーツ)

6位 2:11:03 大崎翔也(中電工)

7位 2:11:25 高田千春(JR東日本)

9位 2:14:34 菊池貴文(SGH)

10位 2:15:44 鈴木卓也(愛三工業)

13位 2:19:47 行場竹彦

14位 2:24:07 依田崇弘

18位 2:25:57 八木勇樹

 

コニカミノルタの野口拓也選手が2時間8分59秒で優勝しました。野口選手の自己ベストは2時間11分04秒でした。この時は初マラソンでびわ湖毎日マラソン2015で日本人2位になりました。

 

コニカミノルタ陸上競技部のサイトを見ると、野口選手の2017年の目標はニューイヤー駅伝優勝とマラソン2時間9分台となっています。

 

ニューイヤー駅伝の優勝はできませんでしたが、マラソンの目標は見事に達成されました。おめでとうございます。

 

スポンサーリンク

 

では、野口拓也選手の今回のラップタイムを見ていきましょう。

5km  15:19

10km 30:32(15:13)

15km 45:55(15:23)

20km 1:01:15(15:20)

ハーフ  1:04:39

25km 1:16:50(15:35)

30km 1:32:14(15:24)

35km 1:47:22(15:08)

40km 2:02:30(15:08)

フィニッシュ 2:08:59(6:29)

 

ラップタイムを見てみると、前半は2時間9分台前半のペースで、後半に上げています。後半に強い選手は今後が期待できます。

 

生年月日を見ると、野口選手は今日が29歳の誕生日です。妻の竹中理沙選手と一緒に参加して、好タイムで優勝して、良い誕生日になりましたね。

 

ロンドン世界陸上マラソン代表の川内優輝選手は35kmを過ぎてから遅れてしまいました。

女子

3位 2:28:32 竹中理沙(資生堂)

10位 2:44:35 野尻あずさ(ヒラツカ・リース)

 

竹中理沙選手のラップタイムを見ると、最初からずっと17分30秒くらいで走っています。優勝や記録を狙ったというより、夫と一緒に記念出場という感じでしょうか。

 

夫婦で表彰、おめでとうございます。

 

スポンサーリンク