2017年8月27日に北海道マラソンが行われます。

 

スタート時間は9時です。

 

今回の北海道マラソンは2020年に行われる東京オリンピックの選考レースとなっています。

 

MGC(マラソングランドチャンピオン)シリーズがついに始まります。

 

MGCシリーズについては↓の記事で詳しく解説しています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

この記事では北海道マラソン2017の招待選手一覧と順位予想をしています。

 

スポンサーリンク

北海道マラソン2017招待選手一覧

男子

メラク・アベラ(黒崎播磨)

自己ベスト:2:09:27

 

丸山文裕(旭化成)

自己ベスト:2:09:39

 

藤原新(富山陸協)

自己ベスト:2:07:48

 

鈴木卓也(愛三工業)

自己ベスト:2:12:08

 

濱崎達規(南城市役所)

自己ベスト:2:12:12

 

吉村大輝(旭化成)

自己ベスト:2:12:19

 

石田和也(西鉄)

自己ベスト:2:11:57

 

山岸宏貴(GMO)

自己ベスト:2:12:27

 

日下佳祐(日立物流)

自己ベスト:2:12:42

 

山本亮(SGHグループ)

自己ベスト:2:08:44

欠場:右臀部の痛みのため

 

五十嵐真悟(城西大学クラブ)

自己ベスト:2:13:15

 

阿久津圭司(SUBARU)

自己ベスト:2:13:26

女子

田中華絵(第一生命)

自己ベスト:2:26:19

 

加藤麻美(パナソニック)

自己ベスト:2:26:30

欠場:故障のため

 

下門美春(ニトリ)

自己ベスト:2:27:54

 

野上恵子(十八銀行)

自己ベスト:2:28:19

 

高田晴奈(ヤマダ電機)

自己ベスト:2:31:17

 

吉冨博子(メモリード)

自己ベスト:2:31:28

 

前田穂南(天満屋)

自己ベスト:2:32:19

 

内田梨絵(大塚製薬)

自己ベスト:2:32:25

 

水口侑子(デンソー)

自己ベスト:2:31:39

 

新井沙紀枝(肥後銀行)

自己ベスト:2:34:40

 

高山琴海(シスメックス)

自己ベスト:2:34:44

欠場:左踵部故障のため

 

スポンサーリンク

MGCシリーズの通過条件について

男子

日本人1位:2:15:00以内

日本人2~6位:2:13:00以内

 

過去5年の日本人1位のタイム

2012年 2:18:38 川内優輝

2013年 2:14:26 五ヶ谷宏司

2014年 2:15:24 辻茂樹

2015年 2:16:49 藤原新

2016年 2:13:16 木滑良

 

2時間15分以内だったのは5年の中で2回だけです。

女子

日本人1位:2:32:00

日本人2~6位:2:30:00

 

過去5年の日本人1位のタイム

2012年 2:39:07 吉住友里

2013年 2:29:13 渡邊裕子

2014年 2:30:26 野尻あずさ

2015年 2:32:10 岡田唯

2016年 2:32:33 吉田香織

 

2時間32分以内だったのは5年の中で2回だけです。

北海道マラソン2017の順位予想

日本人の順位予想をします。

男子

1位 丸山文裕

2位 山岸宏貴

3位 鈴木卓也

 

丸山文裕選手は別府大分毎日マラソン2017を走った時に、中盤の大事な所で、3回連続で給水を失敗してしまいました。

別府大分毎日マラソン2017結果

 

給水の練習は十分にしてくると思いますので、今回は大丈夫でしょう。

 

給水の失敗がなければ、日本人1位の可能性が1番高いと思っています。

 

タイムは2時間15分を切ると予想します。

 

山岸宏貴選手は若くて、マラソンに力を入れているGMOに所属しているので、力を付けているんじゃないでしょうか。

 

鈴木卓也選手は別府大分毎日マラソン2017のラップタイムを見ると、終盤まで粘れているので、拾っていって上位に入ってくるんじゃないかと予想します。

 

日本人2位が2時間13分を切るのは難しいので、MGCシリーズ通過は1人だけと予想します。

女子

1位 田中華絵

2位 下門美春

3位 水口侑子

 

1位は田中華絵選手か下門美春選手だと思います。

 

田中華絵選手は大阪国際女子マラソン2017で、下門美春選手は名古屋ウィメンズマラソン2017で好走しました。

大阪国際女子マラソン2017結果

名古屋ウィメンズマラソン2017結果

 

水口侑子選手は北海道マラソン2015で3位、北海道マラソン2016で2位に入っていて、北海道マラソンのことをよく知っています。

 

日本人2位も2時間30分を切ると思うので、MGCシリーズ通過は2人と予想します。

 

田中選手と下門選手の勝負は面白くなるのではないかと思っています。

 

スポンサーリンク