2019年9月15日にMGC男子が行われました。

2位以内に入れば東京オリンピックの代表内定となるレースです。

 

この記事ではMGC男子の順位とタイムの結果一覧、感想、ファイナルチャレンジについて書いています。

 

スポンサーリンク

MGC男子結果

優勝 2:11:28 中村匠吾(富士通)※代表内定

2位 2:11:36 服部勇馬(トヨタ自動車)※代表内定

3位 2:11:41 大迫傑(Nike)

4位 2:11:58 大塚祥平(九電工)

5位 2:12:07 橋本崚(GMOアスリーツ)

6位 2:12:31 竹ノ内佳樹(NTT西日本)

7位 2:12:44 鈴木健吾(富士通)

8位 2:12:46 中本健太郎(安川電機)

9位 2:13:58 藤本拓(トヨタ自動車)

10位 2:14:55 岡本直己(中国電力)

11位 2:15:08 上門大祐(大塚製薬)

12位 2:15:52 山本浩之(コニカミノルタ)

13位 2:15:56 河合代二(トーエネック)

14位 2:16:09 設楽悠太(Honda)

15位 2:16:21 堀尾謙介(トヨタ自動車)

16位 2:16:44 山本憲二(マツダ)

17位 2:17:40 神野大地(セルソース)

18位 2:18:51 木滑良(MHPS)

19位 2:18:56 谷川智浩(コニカミノルタ)

20位 2:19:45 岩田勇治(MHPS)

21位2:19:52 村澤明伸(日清食品グループ)

22位 2:19:55 福田穣(西鉄)

23位 2:20:13 佐藤悠基(日清食品グループ)

24位 2:20:35 藤川拓也(中国電力)

25位 2:21:15 今井正人(トヨタ自動車九州)

26位 2:21:51 園田隼(黒崎播磨)

27位 2:22:10 井上大仁(MHPS)

途中棄権

髙久龍(ヤクルト)

荻野皓平(富士通)

宮脇千博(トヨタ自動車)

代表内定と残り1枠について

中村匠吾選手と服部勇馬選手は代表内定です。

 

残り1枠は設定記録である2時間05分49秒を突破した中で最速タイムの選手が代表となります。

設定記録を突破した選手がいなければ、MGC3位の大迫傑選手が代表となります。

MGCファイナルチャレンジ設定記録について

 

スポンサーリンク

MGC男子の感想

いやぁ面白すぎるレースでした。

スタートから設楽悠太選手が飛び出しました。

今回の作戦が設楽悠太選手にとって1番勝ちやすい作戦だったと思います。

大きく失速してしまいましたが、設楽悠太選手らしいレースでした。

 

優勝した中村匠吾選手は今回も終盤力の高さを見せつけました。

40km付近で余裕がありそうだったので、優勝する可能性が高いと思いました。

かなり予定通りのレースになったんじゃないでしょうか。

残り1kmで大八木監督がいるのかと思いましたが、涙が出て行けなかったそうです(笑)

中村匠吾選手は明日で27歳になりますが、最高の気分で27歳を迎えられますね。

 

服部勇馬選手は福岡国際マラソンに続いて強いレース内容でした。

ラスト勝負で大迫傑選手に勝つとは思いませんでした。

 

大迫傑選手は足が残っていなくて、得意のスピードが出せませんでした。

今後の予定はコーチと話し合って決めるそうです。

 

大塚祥平選手と橋本崚選手は上りに強いので、チャンスありかなと思っていましたが、力が残っていませんでした。

この2人は暑さにも強いので、3着に滑りこんでくるかもと思っていましたが、竹ノ内佳樹選手はノーマークでした。

竹ノ内選手は堅実に粘り強く走っていました。

 

鈴木健吾選手は集団を引っ張ることもあったので、強さを感じました。

中本健太郎選手はベテランの強さで見せ場を作りました。

 

井上大仁選手は残念な結果となりました。

十分な練習が出来ていたようなので、プレッシャーで力を出せなかったんでしょうか。

安定して好走する選手なので、意外な結果でした。

切り替えて東京マラソンで日本記録を狙って欲しいです。

 

MGC女子結果(順位・タイム)前田穂南と鈴木亜由子が代表内定

 

スポンサーリンク