2019年9月15日にMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が行われます。

この記事ではMGC男子の日程、出場者、5位までの順位予想、優勝候補とダークホース選手の紹介をしています。

 

スポンサーリンク

MGC男子の日程とテレビ放送

日程:2019年9月15日

スタート時間:8時50分

テレビ放送:TBS系列で8時~11時24分

参加標準記録問題について

日本陸連がMGCという選考方法をやり始めた後に、これまでより大幅に基準を上げた参加標準記録が国際陸連より発表されました。

男子は2時間11分30秒が東京オリンピックの参加標準記録です。

 

MGCの出場権を参加標準記録の有効期間前に獲得した選手や、北海道マラソンで獲得した選手の中には突破していない選手もいます。

MGCは気温が高い中でのレースで、ペースメーカーがいないので、優勝者でも参加標準記録を突破できるかどうかは分かりません。

 

そこで、どうなるの?という問題があったのですが、解決しました。

 

国際陸連がMGCで5位以内に入った選手に東京オリンピックの参加資格を与えることを発表しました。

5位までなのは補欠のことも考えてのことでしょう。

最近の日本人選手の実績を考えて、MGCにはそれだけの価値があるという国際陸連の判断だと思います。

東京オリンピックの代表になるには?

MGCで2位以内に入れば東京オリンピックの代表が確定します。

代表枠は3つなので残りは1枠です。

 

残りの1枠はMGCファイナルチャレンジで決まります。

2019年度の福岡国際マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソンで派遣設定記録の2時間05分49秒以内で走った中で、最も速いタイムを出した選手が代表となります。

派遣設定記録を突破した選手がいなかった場合はMGC3位の選手が代表となります。

 

派遣設定記録を突破するのは難しいので、MGC3位の選手が9割以上代表になると思います。

ということで、3位争いにも注目です。

MGC男子の出場者一覧(31人)

※自己ベスト順

2:05:50 大迫傑(Nike)

2:06:11 設楽悠太(Honda)

2:06:54 井上大仁(MHPS)

2:07:27 服部勇馬(トヨタ自動車)

2:07:39 今井正⼈(トヨタ自動車九州)

2:07:57 藤本拓(トヨタ自動車)

2:08:08 ⽊滑良(MHPS)

2:08:16 中村匠吾(富士通)

2:08:35 中本健太郎(安川電機)

2:08:42 山本憲二(マツダ)

2:08:45 宮脇千博(トヨタ自動車)

2:08:58 佐藤悠基(日清食品グループ)

2:09:12 山本浩之(コニカミノルタ)

2:09:27 上門大祐(大塚製薬)

2:09:29 橋本崚(GMOアスリーツ)

2:09:30 岩田勇治(MHPS)

2:09:34 園田隼(黒崎播磨)

2:09:36 荻野皓平(富士通)

2:09:43 一色恭志(GMOアスリーツ)※欠場

2:09:47 村澤明伸(日清食品グループ)

2:09:52 福田穣(西鉄)

2:10:01 竹ノ内佳樹(NTT西日本)

2:10:02 髙久龍(ヤクルト)

2:10:12 大塚祥平(九電工)

2:10:18 神野大地(セルソース)

2:10:21 鈴⽊健吾(富士通)

2:10:21 堀尾謙介(トヨタ自動車)

2:10:35 藤川拓也(中国電力)

2:10:50 河合代二(トーエネック)

2:11:29 岡本直己(中国電力)

2:11:39 谷川智浩(コニカミノルタ)

 

スポンサーリンク

MGC男子の順位予想(5位まで)

優勝 大迫傑

2位 井上大仁

3位 中村匠吾

4位 山本憲二

5位 服部勇馬

優勝候補

優勝候補は大迫傑選手と井上大仁選手です。

 

大迫傑選手はマラソン日本記録保持者でトラックも強いです。

どんな展開になっても優勝争いができる選手だと思います。

 

井上大仁選手は世界陸上とアジア大会を経験しているのが大きいです。

アジア大会では暑い中で優勝しています。

 

優勝争いはこの2人が中心になってくると思います。

すばらしい実績があり暑さにも強いです。

 

設楽悠太選手は優勝候補に挙げている人が多いのですが、私は上位予想をしませんでした。

理由は前半で集団を引っ張るだろうと予想しているからです。

設楽悠太選手は遅いタイムで優勝してもうれしくないというコメントをしているので、スローペースになったら引っ張る可能性が高いです。

前半で引っ張った影響が終盤の上り坂で出て、失速するのではないかというのが私の予想です。

ダークホース

ダークホースの1番手は中村匠吾選手です。

終盤の競り合いに強いので、40kmまで先頭集団に残っていれば有利です。

 

山本憲二選手はMGCシリーズ中に2時間8分台を2回出していて、びわ湖毎日マラソンでは良い走りをしていました。

 

服部勇馬選手は終盤で失速することが多かったんですが、福岡国際マラソンでは終盤に強いレースをしていました。

 

他に注目したいのは岡本直己選手です。

暑くなれば上位に入ってくるかもしれません。

 

中本健太郎選手も暑さに強いし、マラソン経験が豊富なので、大きな大会で力を発揮してくるかもしれません。

 

ダークホースとして名前を挙げている人が多いのは佐藤悠基選手です。

スピードがあり、トラックではラスト勝負に強い選手です。

私はラスト勝負までに遅れると予想しました。

MGC男子の見どころまとめ

前半は設楽悠太選手に注目です。

他の選手は温存すると思います。

ただ、今回のコースは初めの5kmが下り坂なので、いきなり飛び出す勝負師が出てくるかもしれません。

 

前半がそこそこのペースでいけば、35kmまでは仕掛ける選手が出てこないかもしれません。

大迫傑選手や井上大仁選手が動くのは35km以降だと思います。

山本憲二選手や服部勇馬選手のほうが早めに動く可能性が高いと思います。

 

ラスト勝負になれば中村匠吾選手や佐藤悠基選手が強いです。

 

MGC女子予想

 

スポンサーリンク