2018年2月25日に第12回東京マラソンが行われました。

 

この記事では東京マラソン2018の結果速報とMGCの獲得選手について書いています。

 

スポンサーリンク

東京マラソン2018男子結果速報

優勝 2:05:30 ディクソン・チュンバ

2位 2:06:11 設楽悠太※日本新記録

3位 2:06:33 アモス・キプルト

4位 2:06:47 ギデオン・キプケテル

5位 2:06:54 井上大仁※日本歴代4位

6位 2:07:30 フェイサ・リレサ

7位 2:08:08 木滑良

8位 2:08:45 宮脇千博

9位 2:08:48 山本憲二

10位 2:08:58 佐藤悠基

11位 2:09:18 モハメド・レダ・エルアラビ

12位 2:09:36 荻野皓平

13位 2:09:43 一色恭志

14位 2:09:47 村澤明伸

15位 2:10:00 サイモン・カリウキ

16位 2:10:13 田中飛鳥

17位 2:10:14 山岸宏貴

18位 2:10:18 神野大地

19位 2:10:21 鈴木健吾

20位 2:10:26 ツェガエ・メコネン

22位 2:12:17 佐野広明

35位 2:15:09 市田孝

 

途中棄権

ウィルソン・キプサング、山本浩之、大石港与、近藤秀一

MGCの出場獲得選手は?

東京マラソン2018はMGCの対象レースとなっています。

 

日本人1~3位 2時間11分以内

日本人4~6位 2時間10分以内

※MGC出場資格保持者は順位に含まない

 

他にワイルドカードとして2時間8分30秒以内、期間内の上位2つの記録平均が2時間11分00秒以内があります。

 

MGCについてはこちらの記事にまとめています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

東京マラソン2018に出場しているMGC出場資格保持者

村澤明伸

 

今回のMGC出場資格保持者

設楽悠太、井上大仁、木滑良、宮脇千博、山本憲二、佐藤悠基

 

スポンサーリンク

設楽悠太と井上大仁が獲得した賞金額はいくら?

設楽悠太

東京マラソンからの賞金

2位:400万円

日本記録:500万円

東京マラソン2018の賞金はいくら?大会記録や世界記録更新の可能性は?

 

Project EXCEEDからの賞金

日本記録:1億円

マラソン賞金Project EXCEEDとは?獲得した選手は誰?

井上大仁

Project EXCEEDからの賞金

設定タイムを突破:1000万円

東京マラソン2018男子の感想

第1ペースメーカーは2分55秒の予定だったんですが、なぜか2分58秒になっていました。

ということで、第2ペースメーカーが第1ペースメーカーに追いついてしまいました。

これが、最終結果に大きく影響しました。

 

優勝したディクソン・チュンバ選手は30kmでペースメーカーが抜けた後に、ペースを上げて独走となりました。安定して強い選手です。

 

2位の設楽悠太選手は第2ペースメーカーの村山紘太選手に付いたのが結果的に良かったです。

村山紘太選手のペースは2分58秒を上手く刻んでいたようです。

おかげで力を使うことなく前半を走ることができました。

設楽悠太選手は最後まで後ろを何回も確認していたので、日本記録よりも順位を意識していたことが分かります。

 

井上大仁選手は安定しない第1ペースメーカーに付いたのが、終盤の設楽悠太選手との余力の差につながったと思います。

設楽悠太選手と同じように村山紘太選手に付いていれば、日本記録更新もあったかもしれません。

今回は設楽悠太選手に負けましたが、実力はほぼ互角だと思います。

世界陸上の時もそうでしたが、前半に力を温存できるような位置取りができるようになれば、強い選手になると思います。

 

第3ペースメーカーは3分ペースだったんですが、この中で1番速かったのが木滑良選手です。

木滑選手は後半強いので、3分ペースの集団の中ではトップでゴールするだろうなと思っていました。

しかし、タイムは思ったよりも良かったです。

 

今回は日本人のサブテンが9人も出ました。

これは最多記録です。

全員自己ベストを大幅に更新しています。

コンディションが良かったんでしょうね。

 

初マラソンの鈴木健吾選手は好記録でした。

実業団に入って力をつけて、記録をどんどん更新していってほしいです。

 

スポンサーリンク

東京マラソン2018女子結果速報

優勝 2:19:51 ベルハネ・ディババ

2位 2:21:19 ルティ・アガ

3位 2:21:42 エイミー・クラッグ

4位 2:22:07 シュレ・デミセ

5位 2:28:58 ヘラー・キプロプ

6位 2:30:16 吉冨博子

7位 2:31:41 中野円花

8位 2:31:49 上杉真穂

9位 2:32:00 今田麻里絵

10位 2:33:02 張美霞

東京マラソン2018女子の感想

前回好記録が出たので大会記録の更新は難しいと思っていましたが、大会記録からわずか4秒差の好記録でした。

ベルハネ・ディババ選手は東京マラソンでは2回目の優勝です。

 

エイミー・クラッグ選手は自己ベストを5分以上更新しています。

アメリカの選手は自己ベストが遅い選手が多いですが、タイムの出る大会に参加していないだけで、タイムの出る大会に参加すれば好記録を出すことが多いです。

 

スポンサーリンク