2018年2月4日に別府大分毎日マラソンが行われました。

 

この記事では別府大分毎日マラソン2018の結果速報・新たなMGC獲得者・感想について書いています。

 

スポンサーリンク

別府大分毎日マラソン2018結果速報

※上位5選手と注目選手の結果

優勝 2:09:31 デスモンド・モクゴブ

2位 2:09:34 園田隼

3位 2:10:12 大塚祥平

4位 2:10:54 ジョスファット・キプロノ

5位 2:11:20 小山司

6位 2:11:59 藤川拓也

7位 2:12:12 髙久龍

15位 2:14:11 服部翔大

27位 2:18:09 吉村大輝

途中棄権 伊藤太賀

欠場 米澤類、星創太

MGC出場資格はどうなった?

別府大分毎日マラソンのMGC出場条件

日本人1位 2時間11分以内

日本人2~6位 2時間10分以内

 

他にワイルドカードとして2時間8分30秒以内、期間内の上位2つの記録平均が2時間11分00秒以内があります。

 

MGCについてはこちらの記事にまとめています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

今回MGCを獲得した選手

園田隼

 

スポンサーリンク

別府大分毎日マラソン2018の感想

気温が5℃以下という寒い中でのレースでした。

ペースメーカーのタイムは1km3分1秒~5秒という2時間9分くらいのペースでした。

30kmでペースメーカーが抜けた後に、園田隼選手が飛び出しましたが、モクゴブ選手に追いつかれ、トラック勝負で負けました。

 

優勝したモクゴブ選手は左右に行ったり来たりして、ロスの多いコース取りでしたが強かったです。

 

園田隼選手は自己ベストを1分以上更新して、MGCの出場権を獲得しました。

30km~35kmを14分56秒で走っているのでスタミナがありますね。

MGCは展開によっては勝つ可能性があると思います。

 

日本人2位の大塚祥平選手はMGCには12秒届きませんでした。

しかし、ワイルドカードで期間内の上位2レースが2時間11分00秒以内という条件での獲得の可能性が高くなりました。

大塚選手は期間内に2時間11分48秒以内で走ればMGC獲得となります。

 

小山司選手と藤川拓也選手は自己ベストを大幅に更新、髙久龍選手は初マラソンでしたが好タイムでした。

服部翔大選手は今回も30kmからペースを落としてしまいました。

 

次のMGC指定大会は2月25日に行われる東京マラソンです。

東京マラソンは有力選手が多数出場する予定なので楽しみです。

東京マラソン2018予想!招待選手と注目選手を紹介

 

スポンサーリンク