2018年3月4日に第73回びわ湖毎日マラソンが行われます。

 

スタート時間は12時30分、テレビ放送はNHKです。

 

この記事ではびわ湖毎日マラソン2018の招待選手・一般参加の注目選手の紹介と予想をしています。

 

スポンサーリンク

びわ湖毎日マラソン2018の出場選手

海外招待選手

エゼキエル・チェビー(ケニア)

自己ベスト 2:06:07

 

アベラ・クマ(エチオピア)

自己ベスト 2:05:56

 

タデッセ・アブラハム(スイス)

自己ベスト 2:06:40

 

アルバート・コリル(ケニア)

自己ベスト 2:08:40

 

ダニエル・メウッチ(イタリア)

自己ベスト 2:10:56

 

モハメド・ジアニ(モロッコ)

自己ベスト 2:13:40

 

サムソン・ゲブレヨハネス(エリトリア)

自己ベスト2:14:25

 

ジェイク・ロバートソン(ニュージーランド)

自己ベスト 1:00:01(ハーフ)

国内招待選手

佐々木 悟(旭化成)

自己ベスト 2:08:56

※右膝、右脚甲の痛みのため欠場

 

野口 拓也(コニカミノルタ)

自己ベスト 2:08:59

 

メラク・アべラ(黒崎播磨)

自己ベスト 2:09:27

 

深津 卓也(旭化成)

自己ベスト 2:09:31

 

丸山 文裕(旭化成)

自己ベスト 2:09:39

 

竹ノ内 佳樹(NTT西日本)

自己ベスト 2:10:01

 

マイケル・ギザエ(スズキ浜松AC)

自己ベスト 2:10:46

 

伊藤 太賀(スズキ浜松AC)

自己ベスト 2:10:52

 

マチャリア・ディラング(愛知製鋼)

自己ベスト 1:00:30(ハーフ)

 

村山 謙太(旭化成)

自己ベスト2:16:58

一般参加の注目選手

今井 正人(トヨタ自動車九州)

自己ベスト 2:07:39

 

鈴木 洋平(愛三工業)

自己ベスト 2:14:53

 

設楽 啓太(日立物流)

自己ベスト 2:28:29

 

藤本 拓(トヨタ自動車)

自己ベスト 1:01:31(ハーフ)

 

中村 匠吾(富士通)

自己ベスト 1:01:53(ハーフ)

 

窪田 忍(トヨタ自動車)

自己ベスト2:15:48

 

スポンサーリンク

MGCの獲得条件

日本人1~3位 2時間11分以内

日本人4~6位 2時間10分以内

※MGC出場資格保持者は順位に含まない

 

他にワイルドカードとして2時間8分30秒以内、期間内の上位2つの記録平均が2時間11分00秒以内があります。

 

MGCについてはこちらの記事にまとめています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

びわ湖毎日マラソン2018に出場しているMGC出場資格保持者

竹ノ内佳樹

びわ湖毎日マラソン2018予想

気温が高くなりそうなので、好記録は難しくなりました。

日本人トップは9分台と予想します。

MGC獲得は3人の可能性が高いです。

 

日本人トップ候補は野口拓也選手です。

去年のゴールドコーストマラソンで2時間8分台を出していますし、今年のニューイヤー駅伝ではエース区間で好走していました。

日本人トップになれなくても、MGCは確実に獲ってくるでしょう。

 

力が抜けている選手はいないので、混戦でおもしろい勝負になりそうです。

 

一般参加の中で1番注目しているのは鈴木洋平選手です。

鈴木選手は今年のニューイヤー駅伝ではエース区間で好走していましたし、丸亀ハーフマラソンでは日本人3位でした。

大幅に自己ベストを更新する可能性が高いです。

 

他に楽しみな選手は村山謙太選手です。

東京マラソン2018でペースメーカーとして走っていたのは弟の村山紘太選手です。

村山謙太選手は丸亀ハーフマラソンで日本人2位になっています。

 

スポンサーリンク