2018年3月4日に第73回びわ湖毎日マラソンが行われました。

 

この記事ではびわ湖毎日マラソン2018の結果速報(総合順位・タイム)・MGCの獲得者・感想について書いています。

 

スポンサーリンク

びわ湖毎日マラソン2018結果速報

優勝 2:07:53 マチャリア・ディラング

2位 2:08:17 アルバート・コリル

3位 2:08:26 ジェイク・ロバートソン

7位 2:10:51 中村 匠吾

9位 2:11:38 今井 正人

10位 2:11:48 野口 拓也

12位 2:14:50 田中 佳祐

13位 2:14:53 其田 健也

14位 2:15:16 鈴木 洋平

15位 2:15:30 藤本 拓

16位 2:15:41 松尾 修治

17位 2:15:59 丸山 文裕

18位 2:16:00 西山 凌平

21位 2:17:43 村山 謙太

26位 2:18:39 設楽 啓太

28位 2:19:18 窪田 忍

29位 2:19:47 伊藤 太賀

30位 2:20:29 竹ノ内 佳樹

 

途中棄権

深津 卓也

今回のレースでMGCを獲得した選手は?

MGCの獲得条件

日本人1~3位 2時間11分以内

日本人4~6位 2時間10分以内

※MGC出場資格保持者は順位に含まない

 

他にワイルドカードとして2時間8分30秒以内、期間内の上位2つの記録平均が2時間11分00秒以内があります。

 

MGCについてはこちらの記事にまとめています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

びわ湖毎日マラソン2018に出場しているMGC出場資格保持者

竹ノ内佳樹

 

今回のレースでMGCを獲得した選手

中村匠吾

 

スポンサーリンク

びわ湖毎日マラソン2018の感想

気温が20℃くらいまで上がる中でのレースでした。

ペースメーカーの設定タイムは1km3分02秒で30kmまで。

30kmまでに有力選手が次々と遅れていきました。

 

今回日本人トップは中村匠吾選手でした。

中村選手は遅れた後、上手く粘っていました。

MGCの獲得条件はギリギリのタイムだったんですが、ラスト1kmを2分58秒で走り、MGCの権利を獲得しました。

ラスト1km2分58秒はスゴイです。

 

中村選手は箱根駅伝の1区で少し遅れた後に粘って区間賞を獲ったことがありました。

今回の走りでマラソンでも終盤力の高さがあることが分かりました。。

MGCで終盤勝負になれば優勝もありそうです。

 

今井正人選手と野口拓也選手は安定した強さでしたが、MGCの獲得条件までは少し届きませんでした。

 

スポンサーリンク