2018年12月2日に第72回福岡国際マラソンが行われました。

この記事では招待選手と一般参加の注目選手の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

福岡国際マラソン2018結果速報(順位・タイム)

優勝 2:07:27 服部勇馬(トヨタ自動車)

2位 2:08:54 イエマネ・ツェガエ(エチオピア)

3位 2:09:45 アマヌエル・メセル(エリトリア)

4位 2:10:25 設楽悠太(Honda)

5位 2:10:31 園田隼(黒崎播磨)

6位 2:10:42 山岸宏貴(GMOアスリーツ)

7位 2:10:54 福田穣(西鉄)

8位 2:11:40 佐々木悟(旭化成)

9位 2:11:40 橋本崚(GMOアスリーツ)

10位 2:12:03 川内優輝(埼玉県庁)

12位 2:12:32 市田孝(旭化成)

13位 2:13:02 窪田忍(トヨタ自動車)

14位 2:13:21 野口拓也(コニカミノルタ)

18位 2:16:04 荻野皓平(富士通)

21位 2:17:03 深津卓也(旭化成)

23位 2:17:38 丸山文裕(旭化成)

25位 2:18:10 濱崎達規(なんじぃAC)

29位 2:19:28 神野大地(東京陸協)

30位 2:19:51 髙久龍(ヤクルト)

44位 2:23:47 宇賀地強(コニカミノルタ)

46位 2:24:05 市田宏(旭化成)

72位 2:28:47 ジェフリー・エグルストン(アメリカ)

 

途中棄権

ギルメイ・ゲブラスラシエ(エリトリア)

ビンセント・キプルト(ケニア)

中本健太郎(安川電機)

 

欠場

カルム・ホーキンス(イギリス)

竹ノ内佳樹(NTT西日本)

田中飛鳥(ひらまつ病院)

ポール・クイラ(コニカミノルタ)

文元慧(カネボウ)

 

スポンサーリンク

今回のMGC出場権獲得者

服部勇馬、山岸宏貴、福田穣

3人とも日本人3位以内で2時間11分以内という条件を満たしました。

 

残念ながらワイルドカードでの獲得者はいませんでした。

福岡国際マラソン2018の展開と感想

気温が20℃と高い中でのスタートとなりました。

この時は好記録は出ないだろうと思っていました。

 

1km3分1秒ペースでカロキ選手を中心にペースメーカーが引っ張っていました。

少しずつ遅れる選手が出てきて、25kmまでいきました。

25kmでカロキ選手が抜けて、ペースメーカーのペースが落ちました。

30kmでペースメーカーが抜けてから服部勇馬選手と外国人選手2人が抜け出して、35kmから服部勇馬選手がペースを上げて優勝となりました。

 

優勝した服部勇馬選手の35~40kmのラップタイムは14分40秒でした。

これまで終盤に失速していたので、最後までペースが落ちないかドキドキでしたが、結局最後までペースが落ちることはありませんでした。

練習で40km走を増やしたことが良かったんだと思います。

日本人選手の優勝は14年ぶりでした。

 

服部勇馬選手はProject EXCEEDの設定Bの条件を満たしたので500万円獲得です。

マラソン賞金Project EXCEEDとは?獲得した選手は誰?

 

設楽悠太選手はケガから復帰して、ハーフマラソンでは良いタイムを出していましたが、30kmから遅れてしまいました。

それでも、日本人2位争いに勝っているところはさすがだなと思いました。

 

園田隼選手は終盤になって大きく失速することが少ない選手です。

設楽悠太選手との競り合いは面白かったです。

 

MGCの出場権を獲得した山岸宏貴選手と福田穣選手はハーフを過ぎてから遅れていきましたが、第2集団で粘って走り、順位を上げていきました。

 

旭化成は有力選手が多数出場していましたが、今回もMGCの出場権を獲得することができませんでした。

ニューイヤー駅伝では最近強いですが、まさかの0人で終わってしまうんでしょうか。

 

窪田忍選手は35kmまでは良かったんですが、そこから大幅にペースが落ちています。

びわ湖毎日マラソンに続いて2回連続なので、克服するまでに時間がかかるかもしれません。

 

川内優輝選手は暑さに弱いので厳しい条件でしたが、いつもながら終盤が強いです。

終盤でどこまで順位を上げるのか毎回楽しみにしています。

 

暑さに強い中本健太郎選手は有利な条件になったと思いましたが、調整が上手くいかなかったんでしょうか。

暑くなればなるほど強い選手なので、MGCでは注目の選手です。

 

来週はさいたま国際マラソンがあります。

さいたま国際マラソン2018順位予想と注目選手

 

スポンサーリンク