2015年7月~2020年3月までProject EXCEEDという実業団マラソン特別強化プロジェクトがあります。

 

この記事ではProject EXCEEDについて簡単に解説しています。

 

スポンサーリンク

Project EXCEEDの目的

Project EXCEEDは2020年の東京オリンピックに向けて、マラソンを強化するための制度です。

 

主催は日本実業団陸上競技連合ということで、実業団登録している選手でないと、ほとんど適用されません。

Project EXCEEDの2つのプログラム

Project EXCEEDには「日本記録更新」「設定タイム更新」の2つのプログラムがあります。

日本記録更新

対象記録:日本記録

対象選手:(実業団登録の有無に拘らず)日本陸連に登録されている日本人選手

対象大会:日本陸連が記録を公認している大会(海外も含む)

賞金:選手に1億円、監督・チームに5000万円

 

※監督・チームへは実業団登録されている場合のみ

※1度日本記録が更新された後も、このプロジェクトは継続する

設定タイムの更新

対象記録

男子

設定A 2時間6分59秒以内

設定B 2時間7分台

女子

設定A 2時間21分59秒以内

設定B 2時間22分台

 

対象選手:実業団登録をしている日本人選手

 

対象大会

男子

福岡国際マラソン

別府大分毎日マラソン

東京マラソン

びわ湖毎日マラソン

女子

さいたま国際マラソン

大阪国際女子マラソン

名古屋ウィメンズマラソン

 

賞金

設定A

選手に1000万円、監督・チームに500万円

設定B

選手に500万円、監督・チームに250万円

Project EXCEEDで賞金をもらった選手

福士加代子

大会:2016年1月31日大阪国際女子マラソン

記録:2時間22分17秒

賞金:500万円

 

松田瑞生

大会:2018年1月28日大阪国際女子マラソン

記録:2時間22分44秒

賞金:500万円

 

大迫傑選手と安藤友香選手は設定タイムは更新していますが、実業団登録をしている選手ではないので対象外です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク