テレビで短距離の陸上競技を見ている時に、実況の人が「リアクションタイム」と言ったり、結果速報で「rt」という表記があったりします。

 

この記事では陸上競技のリアクションタイムはいつからいつまでのタイムなのか?

 

そして、フライングで失格になる時間は何秒なのか?という疑問にお答えしています。

 

スポンサーリンク

陸上競技のリアクションタイムとは?

陸上競技のリアクションタイムはスタートの音が鳴ってからスターティングブロックのセンサーが反応するまでの時間のことを言います。

 

↓がスターティングブロックです。

 

スタブロと略されて使われることもあります。

 

スタブロには圧力センサーが付いていて、足で蹴られた瞬間を検出することができます。

フライングで失格になる時間は?

リアクションタイムがo.100秒未満だとフライングで失格になります。

 

なぜ0.100秒未満なのかというと、医学的に人間が音を聞いてから反応するまでの時間は0.1秒以上はかかると言われているからです。

 

ただ、この反応時間の限界については異論もあって、0.1秒未満で反応する人もいるんじゃないか?と考えている人もいます。

 

私はもう少し余裕を持った設定時間にした方がいいんじゃないかと思います。

 

世の中には色んなスゴイ能力を持った人がいますからね。

 

医学的な考えを超える能力者がいても不思議ではありません。

 

スポンサーリンク

陸上選手のリアクションタイムってどれくらいなの?

世界のトップランナーのリアクションタイムを見てみましょう。

 

※rt=リアクションタイム、選手の順番はレースのタイム順

 

リオオリンピック男子100m決勝

選手名 rt
ウサイン・ボルト 0.155
ジャスティン・ガトリン 0.152
アンドレ・デグラッセ 0.141
ヨハン・ブレーク 0.145
アカニ・シンビネ 0.128
メイテ 0.156
ジミー・ビコ 0.140
トレイボン・ブロメル 0.135

 

リオオリンピック男子200m決勝

選手名 rt
ウサイン・ボルト 0.156
アンドレ・デグラッセ 0.141
クリストフ・ルメートル 0.153
アダム・ジェミリ 0.178
チュランディ・マルティナ 0.148
ラショーン・メリット 0.189
アロンソ・エドワード 0.162
ラミル・グリエフ 0.141

 

リオオリンピック女子100m決勝

選手名 rt
エレン・トンプソン 0.157
トリ・ボウイ 0.112
シェリーアン・フレーザープライス 0.138
マリージョゼ・タルー 0.136
ダフネ・スキッパーズ 0.134
ミシェルリー・アイエ 0.132
イングリッシュ・ガードナー 0.148
クリスタニア・ウィリアムズ 0.163

 

リオオリンピック女子200m決勝

選手名 rt
エレン・トンプソン 0.152
ダフネ・スキッパーズ 0.141
トリ・ボウイ 0.143
マリージョゼ・タルー 0.153
ディナ・アシャースミス 0.135
ミシェルリー・アイエ 0.158
ディアジャ・スティーブンズ 0.171
イベト・ラロワコリオ 0.104

 

実際のリアクションタイムを見てみると、0.15前後が多いです。

 

スポンサーリンク