日本時間で2017年9月24日16時15分にベルリンマラソンが開催されます。

 

ベルリンマラソンは毎年、有力選手が出場していて、好記録が何回も出ている大会です。

 

男子マラソンの世界記録はベルリンマラソンで出ています。

 

今年のベルリンマラソンは、注目度の高いレースとなっています。

 

なぜ注目度が高いのかを、この記事で紹介していきます。

 

スポンサーリンク

優勝候補の注目選手

ベルリンマラソン2017には男子マラソン歴代10位に入っている選手の中で、4人もエントリーしています。

 

1人ずつ紹介します。

 

ケネニサ・ベケレ

自己ベスト:2時間03分03秒(歴代2位)

ベルリンマラソン2016:優勝

ロンドンマラソン2017:2位

5000mと10000mの世界記録保持者

ロンドンマラソン2017結果

 

エリウド・キプチョゲ

自己ベスト:2時間03分05秒(歴代3位)

ロンドンマラソン2016:優勝

リオデジャネイロオリンピック:優勝

非公認レースで2時間00分25秒を記録

リオオリンピック男子マラソン結果

 

ウィルソン・キプサング・キプロティチ

自己ベスト:2時間03分13秒(歴代4位)

ベルリンマラソン2016:2位

東京マラソン2017:優勝

東京マラソン2017結果

 

パトリック・マカウ

自己ベスト:2時間03分38秒(歴代6位)

福岡国際マラソン2014:優勝

福岡国際マラソン2015:優勝

福岡国際マラソン2016:2位

福岡国際マラソン2016結果

優勝予想

優勝予想はキプチョゲ選手です。

 

キプチョゲ選手のマラソンの成績はすばらしく、8戦7勝・2着1回です。

 

ロンドンマラソン・ベルリンマラソンといった、レベルの高いレースに出場して勝っているので、優勝の可能性は1番高そうに見えます。

 

しかし、今回はライバルが強いので、負ける可能性も高いです。

世界記録の可能性は?

男子マラソンの世界記録は2時間02分57秒です。

 

優勝タイムは2時間03分30秒くらいだと予想しています。

 

ペースメーカーの設定タイムは分かりませんが、ハーフは1時間1分10秒~20秒くらいで通過すると思います。

 

そのままのペースでゴールすれば世界記録更新となるわけですが、記録より目の前の勝負にこだわると思うんですよ。

 

ライバルが強く、力が接近しているので、大幅なペースダウンの可能性も高いです。

 

ということで、早めに独走状態にならないと、世界記録更新の可能性は低いと思います。

 

スポンサーリンク

日本人の注目選手は?

佐野広明(Honda)

自己ベスト:2時間09分12秒

 

五ヶ谷宏司(JR東日本)

自己ベスト:2時間09分21秒

 

設楽悠太(Honda)

自己ベスト:2時間09分27秒

 

菊地賢人(コニカミノルタ)

自己ベスト:2時間17分23秒

 

この4選手の中で1番楽しみなのは設楽悠太選手です。

設楽悠太の日本記録更新の可能性は?

設楽悠太選手は初マラソンの東京マラソン2017で、ハーフ1時間01分55秒というハイペースで入って、2時間09分27秒という好記録でゴールしました。

 

さらに、2017年9月16日に開催されたハーフマラソンで、1時間00分17秒日本記録を出しました。

 

この好調を維持できれば、日本記録(2時間06分16秒)更新も十分にありえます。

 

レース展開は東京マラソン2017と同じで、先頭集団から少し遅れながらハイペースで入って、粘るという感じになると思います。

 

もしかしたら今回は、ペースを抑えて入るかもしれません。

 

というのも今回、設楽悠太選手は日本記録以外にも狙う記録がもう1つあります。

 

狙う記録は2時間08分30秒です。

 

これは何の記録かというと、MGCレースのワイルドカード枠の条件になっているタイムなんです。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針

 

東京オリンピックに出場するために、2時間08分30秒という記録は出して欲しいです。

 

スポンサーリンク

 

ベルリンマラソン2017結果