2017年8月27日に北海道マラソンが行われました。

 

今回の北海道マラソンは2020年に行われる東京オリンピックの選考レースとなっています。

 

MGCシリーズについては↓の記事で詳しく解説しています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

この記事では北海道マラソン2017の招待選手と注目選手の順位結果速報をまとめています。

 

スポンサーリンク

北海道マラソン2017結果速報

男子

MGCシリーズ通過条件

日本人1位:2:15:00以内

日本人2~6位:2:13:00以内

 

1位 2:14:49 村澤明伸(日清食品グループ)

2位 2:15:04 吉村大輝(旭化成)

3位 2:15:12 福田穣(西鉄)

4位 2:15:21 丸山文裕(旭化成)

5位 2:15:42 五十嵐真悟(城西大学クラブ)

6位 2:16:18 濱崎達規(南城市役所)

7位 2:16:26 酒井将規(九電工)

8位 2:16:52 北澤健太(八千代工業)

9位 2:17:36 森橋完介(ラフィネ)

10位 2:17:48 天野正治(NTN)

14位 2:18:37 元村大地(日清食品グループ)

16位 2:19:10 寺田夏生(JR東日本)

17位 2:19:38 佐々木寛文(日清食品グループ)

19位 2:19:42 千葉健太(富士通)

25位 2:21:44 山岸宏貴(GMO)

26位 2:22:18 佐藤佑輔(富士通)

28位 2:22:42 馬場圭太(Honda)

29位 2:22:52 鈴木卓也(愛三工業)

33位 2:24:29 阿久津圭司(SUBARU)

37位 2:25:15 日下佳祐(日立物流)

48位 2:27:47 石田和也(西鉄)

67位 2:36:22 藤原新(富山陸協)

111位 2:43:37 石田亮(自衛隊体育学校)

 

村澤明伸選手が2回目のマラソンで優勝しました。

 

タイムはギリギリですが、MGCシリーズの通過条件を満たしました。

 

スポンサーリンク

女子

MGCシリーズ通過条件

日本人1位:2:32:00

日本人2~6位:2:30:00

 

1位 2:28:49 前田穂南(天満屋)

2位 2:30:11 野上恵子(十八銀行)

3位 2:32:17 田中華絵(第一生命)

4位 2:34:05 水口侑子(デンソー)

5位 2:34:45 田中花歩(第一生命)

6位 2:36:29 土井友里永(富士通)

7位 2:37:16 大貫真実(シスメックス)

8位 2:38:47 猪原千佳(肥後銀行)

9位 2:41:16 永岡真衣(シスメックス)

10位 2:42:32 新井沙紀枝(肥後銀行)

13位 2:45:34 吉冨博子(メモリード)

途中棄権 下門美春(ニトリ)

     高田晴奈(ヤマダ電機)

 

前田穂南選手が2回目のマラソンで優勝しました。

 

タイムは良く、MGCシリーズの通過条件を満たしました。

 

また天満屋が選考レースで結果を残しました。

 

2位の野上恵子選手はMGCシリーズ通過まで、11秒届きませんでした。

 

スポンサーリンク