2017年12月3日に第71回福岡国際マラソンが行われます。

 

スタート時間は12時10分、テレビ放送はテレビ朝日です。

 

今回はかなり良いメンバーがそろっていて楽しみです。

 

この記事では福岡国際マラソン2017の招待選手一覧・予想・優勝候補・注目選手の紹介をしています。

 

スポンサーリンク

福岡国際マラソン2017招待選手一覧

海外招待選手

イエマネ・ツェガエ(エチオピア)

自己ベスト:2時間04分48秒

福岡国際マラソン2016:優勝

福岡国際マラソン2016結果

 

スティーブン・キプロティク(ウガンダ)

自己ベスト:2時間06分33秒

2013モスクワ世界陸上:優勝

 

ラニ・ルット(ケニア)

自己ベスト:2時間06分34秒

 

アマヌエル・メセル(エリトリア)

自己ベスト:2時間08分17秒

 

ソンドレノールスタッド・モーエン(ノルウェー)

自己ベスト:2時間10分07秒

 

パウロ・パウラ(ブラジル)

自己ベスト:2時間10分23秒

 

ジェイク・ロバートソン(ニュージーランド)

自己ベスト:1時間00分01秒(ハーフ)

 

テクレマリアム・メディン(エリトリア)

自己ベスト:1時間01分47秒(ハーフ)

国内招待選手

ビダン・カロキ(DeNA)

自己ベスト:2時間07分41秒

ロンドンマラソン2017:3位

ロンドンマラソン2017結果

 

佐々木悟(旭化成)

自己ベスト:2時間08分56秒

びわ湖毎日マラソン2017:4位(日本人トップ)

びわ湖毎日マラソン2017結果

 

川内優輝(埼玉県庁)

自己ベスト:2時間08分14秒

福岡国際マラソン2016:3位(日本人トップ)

2017ロンドン世界陸上:9位

ロンドン世界陸上男子マラソン結果

 

メラク ・アベラ(黒崎播磨)

自己ベスト:2時間09分27秒

 

深津卓也(旭化成)

自己ベスト:2時間09分31秒

 

丸山文裕(旭化成)

自己ベスト:2時間09分39秒

 

大迫傑(Nike ORPJT)

自己ベスト:2時間10分28秒

ボストンマラソン2017:3位(日本人トップ)

ボストンマラソン2017結果

 

園田隼(黒崎播磨)

自己ベスト:2時間10分40秒

一般参加の注目選手の紹介

髙田千春(JR東日本)

自己ベスト:2時間10分03秒

 

伊藤太賀(スズキ浜松AC)

自己ベスト:2時間10分52秒

 

佐藤悠基(日清食品グループ)

自己ベスト:2時間12分14秒

 

前田和浩(九電工)

自己ベスト:2時間08分00秒

 

渡邉利典(GMO)

自己ベスト:2時間15分48秒

 

外丸和輝(トヨタ自動車)

自己ベスト:2時間11分25秒

 

神野大地(コニカミノルタ)

自己ベスト:1時間01分04秒(ハーフ)

 

設楽啓太(日立物流)

自己ベスト:1時間01分12秒(ハーフ)

 

スポンサーリンク

ペースメーカーが6人

福岡国際マラソン2017にはペースメーカーが6人もいます。

 

おそらく、3人ずつ2つのグループになるんでしょう。

 

第1集団は1km3分00秒、第2集団は1km3分05秒くらいでしょうか。

 

ペースが速いので、好記録が期待できます。

福岡国際マラソン2017の優勝候補

優勝候補はツェガエ選手です。

 

ツェガエ選手は自己ベストが速く、ディフェンディングチャンピオンです。

 

個人的にはビダン・カロキ選手が楽しみです。

 

初マラソンで2時間7分台を出していて、まだまだ記録が伸びそうな感じなので、終盤まで先頭争いをしているのではないかと予想しています。

 

ゴールタイムはペースメーカーが抜けた後の展開によりますが、2時間6分台もあるかなと思っています。

福岡国際マラソン2017の日本人選手予想

出場選手を見ると、良いメンバーがそろっていて楽しみです。

 

福岡国際マラソン2017は東京オリンピックの日本代表選手の選考レースとなっています。

 

MGCシリーズ通過条件

1~3位 2時間11分以内

4~6位 2時間10分以内

 

詳しいことは↓の記事に書いています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

日本人選手トップ3予想

1位:2:08:50 佐々木悟

2位:2:09:20 大迫傑

3位:2:09:40 川内優輝

 

佐々木悟選手はびわ湖毎日マラソン2017の走りが良かったです。

自己ベストを出したのは福岡国際マラソン2015なので、コースとの相性もいいです。

 

大迫傑選手はギリギリまで先頭集団に付いていって、終盤にペースが大幅に落ちるのではないかと予想しています。

ボストンマラソン2017では好走しましたが、この時は序盤のペースが遅かったんです。

1km3分ペースでどこまでいけるかに注目です。

 

川内優輝選手は先頭集団からは早めに遅れると思いますが、粘って抜いていくレースになるでしょう。

 

初マラソンの神野大地選手は2時間11分台、設楽啓太選手は2時間12分台が出れば、これからが楽しみかなという感じです。

 

とりあえず3人、MGCレースの出場権を獲得して欲しいです。

 

現在、北海道マラソン2017で優勝した村澤明伸選手だけが、MGCシリーズの通過条件を満たしています。

北海道マラソン2017結果速報順位一覧!MGCシリーズの通過者は?

 

※追記

結果が出ました。

福岡国際マラソン2017結果速報順位一覧!大迫傑が日本歴代5位の好タイム

 

スポンサーリンク