2017年8月6日18時55分スタートで、ロンドン世界陸上男子マラソンが行われました。

 

男子マラソンの日本代表選手は井上大仁選手、川内優輝選手、中本健太郎選手の3人です。

 

この記事では男子マラソンの結果速報を順位一覧にしてまとめています。

 

スポンサーリンク

ロンドン世界陸上男子マラソン結果速報

9位  2:12:19 川内優輝

10位 2:12:41 中本健太郎

26位 2:16:54 井上大仁

  タイム 選手名 国名
1 2:08:27 G.キルイ ケニア
2 2:09:49 T.トラ エチオピア
3 2:09:51 A.シンブ タンザニア
4 2:10:17 C.ホーキンズ イギリス
5 2:10:56 D.メウッチ イタリア
6 2:10:56 G.キプケテル ケニア
7 2:12:07 Y.ゲブレゲルギシュ エリトリア
8 2:12:16 D.ワンジル ケニア
9 2:12:19 川内 優輝 日本
10 2:12:41 中本 健太郎 日本
11 2:13:29 M.ムタイ ウガンダ
12 2:14:05 E.ジャファリ タンザニア
13 2:14:22 A.ウラド デンマーク
14 2:14:29 K.ウズビレン トルコ
15 2:15:08 S.デチャサ バーレーン
16 2:15:14 E.キベト アメリカ
17 2:15:22 J.ゲラ スペイン
18 2:15:34 I.オレフィレンコ ウクライナ
19 2:15:36 T.メコネン エチオピア
20 2:16:00 E.サモラ ウルグアイ
21 2:16:14 D.モクゴブ 南アフリカ
22 2:16:21 M.クロヒシー アイルランド
23 2:16:28 V.ファイル オーストリア
24 2:16:34 R.カンシス リトアニア
25 2:16:37 D.アヤラ パラグアイ
26 2:16:54 井上 大仁 日本
27 2:17:01 I.ルス ウクライナ
28 2:17:13 T.ゴピ インド
29 2:17:36 M.ギルマレゲッセ トルコ
30 2:17:50 M.エルアーラビ モロッコ
31 2:17:59 A.デービス イギリス
32 2:18:12 M.エクバル スウェーデン
33 2:18:37 P.ヌドロブ ジンバブエ
34 2:18:42 M.ナランドゥラム モンゴル
35 2:18:51 R.ナムパラ ナミビア
36 2:18:54 Y.ルシュク ウクライナ
37 2:19:45 P.イーヤンボ ナミビア
38 2:20:05 S.ヒュチェ タンザニア
39 2:20:06 J.グリフィス イギリス
40 2:20:41 T.ヌルミ エストニア
41 2:21:22 G.キブロム エリトリア
42 2:21:22 R.カーティス アメリカ
43 2:21:24 R.チェモンゲス ウガンダ
44 02:21:39 H.ヌダチャ マクヘレンジェ マラウイ
45 2:21:44 J.コルリービー オーストラリア
46 2:21:48 B.ツェベンラワダン モンゴル
47 2:21:52 M.メイテンデ ジンバブエ
48 2:21:55 S.バト オチル モンゴル
49 2:22:10 L.エンシナ チリ
50 2:22:19 H.チャニ バーレーン
51 2:22:20 I.ブラセビシウス リトアニア
52 2:22:53 D.ニルソン スウェーデン
53 2:23:28 R.フォスティ エストニア
54 2:23:47 T.トス カナダ
55 2:24:08 M.カブレラ チリ
56 2:24:24 D.ハラジシュビリ グルジア
57 2:24:28 S.ジャミ エクアドル
58 2:25:03 J.ガルシア グアテマラ
59 2:25:08 キム ヒョス 韓国
60 2:25:14 B.ミロセビッチ オーストラリア
61 2:25:45 D.カーバー モーリシャス
62 2:26:37 G.アマレ イスラエル
63 2:27:33 S.ヒヒル アイルランド
64 2:29:06 ユ スンヨプ 韓国
65 2:29:52 シン クァンシク 韓国
66 2:33:12 R.プハー スロベニア
67 2:33:42 J.トルヒージョ グアテマラ
68 2:33:42 L.オルタ ベネズエラ
69 2:41:39 L.リベロ グアテマラ
70 2:41:50 R.ラモス メキシコ
71 2:42:27 A.ニヨンクル ブルンジ
  途中棄権 M.マストロマリーノ アルゼンチン
  途中棄権 J.ハリス オーストラリア
  途中棄権 A.エル ハシミ ベルギー
  途中棄権 E.ギリス カナダ
  途中棄権 E.ヤネス チリ
  途中棄権 A.メセル エリトリア
  途中棄権 I.フェルナンデス スペイン
  途中棄権 A.ラムデセム スペイン
  途中棄権 Y.ツェゲイ エチオピア
  途中棄権 M.テフェリ イスラエル
  途中棄権 S.ラ ローザ イタリア
  途中棄権 V.ゾルネロビクス ラトビア
  途中棄権 T.マティベレ レソト
  途中棄権 L.ヌコカ レソト
  途中棄権 B.ライ ネパール
  途中棄権 J.カステルブランコ パナマ
  途中棄権 J.カストロ ペルー
  途中棄権 R.マチャクアイ ペルー
  途中棄権 R.リバス ポルトガル
  途中棄権 M.イオネスク ルーマニア
  途中棄権 S.ヌジマ 南アフリカ
  途中棄権 A.コーライ スリランカ
  途中棄権 E.ムスル トルコ
  途中棄権 N.クエスタス ウルグアイ
  途中棄権 A.ロハス ウルグアイ
  途中棄権 A.メイヨ アメリカ
  途中棄権 C.ニャサンゴ ジンバブエ
  欠場 M.ガラ ジブチ
  欠場 L.エイプリル 南アフリカ

 

スポンサーリンク

 

優勝争いは中間点を過ぎてから、キルイ選手とトラ選手の勝負になりました。

 

先にスパートしたのはトラ選手でしたが、タイミングが早く、最後まで持たずに、キルイ選手が抜き、金メダル獲得となりました。

 

キルイ選手はボストンマラソン2017で優勝しました。

ボストンマラソン2017結果

 

大迫傑選手も出場していた大会です。

 

女子もそうだったんですが、ロンドン世界陸上のマラソンは、ボストンマラソン2017で結果を出した人が強かったです。

 

ロンドンマラソン2017でベケレ選手に勝って優勝したワンジル選手は、先頭集団について行けなかったのは意外でした。

 

川内優輝選手は終盤が速かったです。ラスト2.195kmは全選手の中で1番速かったです。

 

優勝候補のワンジル選手をもう少しで抜けるところまで追い詰めました。

 

川内選手は暑さに弱いんですが、男子は現地時間で午前開催だったので、気温がそんなに上がらなかったんでしょうね。

 

中本健太郎選手は世界大会になると強いですね。

 

中本選手にとってはもっと暑い方が良かったんじゃないでしょうか。

 

井上大仁選手は調整は上手くいっていたようなので、前半で余計な力を使ってしまったんでしょうか。

 

井上選手はまだ若いので、東京オリンピックに向けて期待したいです。

 

スポンサーリンク

 

女子マラソンの結果はこちら