日本時間の2017年4月17日23時にボストンマラソンが行われました。

 

ボストンマラソン2017には大迫傑選手が出場していました。

 

大迫傑選手の成績はどうだったんでしょうか?

 

スポンサーリンク

ボストンマラソン2017結果速報

1位 2:09:37 ジェフリー・キルイ(ケニア)

2位 2:09:58 ゲーレン・ラップ(アメリカ)

3位 2:10:28 大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)

4位 2:12:08 シャドラック・ビウォット(アメリカ)

5位 2:12:35 ウィルソン・チェベト(ケニア)

大迫傑のラップタイム

5km  15:25

10km 30:29(15:04)

15km 45:44(15:16)

20km 1:01:16(15:32)

中間点  1:04:36

25km 1:17:00(15:45)

30km 1:33:01(16:02)

35km 1:48:31(15:30)

40km 2:03:38(15:07)

フィニッシュ 2:10:28(6:51)

 

スポンサーリンク

感想

ボストンマラソンはペースメーカーがいません。

気温は25度くらいだったみたいです。

 

大迫傑選手は初マラソンなので、条件を考えるとかなりの好タイムです。

 

大迫選手はマラソンだと最後まで持たないと思っていたのと、タイムの出にくいボストンマラソンを選択したことで、いいタイムが出るとは思っていませんでした。

 

東京マラソン2017の設楽悠太選手と同じくらいの好成績だと思います。

東京マラソン2017結果速報はこちら

 

大迫選手はこれからどうする予定なんでしょうか?

 

個人的には東京マラソン2018を走ってもらいたいです。

設楽悠太選手のようにハイペースで入って、どこまで粘れるのか見たいです。

 

ボストンマラソンの大迫選手の終盤のラップタイムを見ると、全然落ちていないので、日本記録更新も十分にありえます。

 

スポンサーリンク