2017年8月6日22時00分スタートで、ロンドン世界陸上男子マラソンが行われました。

 

女子マラソンの日本代表選手は安藤友香選手、重友梨佐選手、清田真央選手の3人です。

 

この記事では女子マラソンの結果速報を順位一覧にしてまとめています。

 

スポンサーリンク

ロンドン世界陸上女子マラソン結果速報

16位 2:30:36 清田真央

17位 2:31:31 安藤友香

27位 2:36:03 重友梨佐

  タイム 選手名 国名
1 2:27:11 R.ケリモ バーレーン
2 2:27:18 E.キプラガト ケニア
3 2:27:18 A.クラッグ アメリカ
4 2:27:21 F.ダニエル ケニア
5 2:27:58 S.デミセ エチオピア
6 2:28:17 E.キルワ バーレーン
7 2:28:19 H.キプロプ ケニア
8 2:28:49 M.ディババ エチオピア
9 2:28:59 J.トレンゴブ オーストラリア
10 2:29:01 B.ディババ エチオピア
11 2:29:32 S.ブルラ アメリカ
12 2:29:43 A.メルギア エチオピア
13 2:29:48 C.パーデュー イギリス
14 2:29:56 E.ブラブツォバー
ニーブルトバー
チェコ
15 2:30:29 キム ヒギョン 北朝鮮
16 2:30:36 清田 真央 日本
17 2:31:31 安藤 友香 日本
18 2:31:36 A.ディクソン イギリス
19 2:32:01 H.ジョハネス ナミビア
20 2:33:26 S.ディバー オーストラリア
21 2:33:37 M.エステバン スペイン
22 2:33:39 F.トーラ ドイツ
23 2:35:03 I.トルザスカルスカ ポーランド
24 2:35:27 M.クラーク オーストラリア
25 2:35:33 A.ヒリライネン フィンランド
26 2:35:34 I.メルコル ペルー
27 2:36:03 重友 梨佐 日本
28 2:36:42 F.コスタ ポルトガル
29 2:36:46 チョ ウノク 北朝鮮
30 2:37:24 B.ネイガンボ ナミビア
31 2:37:40 I.マレーレ ラトビア
32 2:37:50 R.チャチャ エクアドル
33 2:38:26 C.マッカーシー アイルランド
34 2:38:38 イム ギョンヒ 韓国
35 2:38:52 D.ハンズリク キプロス
36 2:39:39 K.コヴァルスカ ポーランド
37 2:39:47 S.フラナガン アメリカ
38 2:39:52 キム ソウウン 韓国
39 2:39:59 K.ハイニグ ドイツ
40 2:40:15 M.マカニャ 南アフリカ
41 2:40:22 L.コルリマ イスラエル
42 2:40:28 V.ポリウディナ キルギスタン
43 2:41:03 T.バーロー イギリス
44 2:41:29 D.ミハイロワ ウクライナ
45 2:41:44 V.ズジナイテ リトアニア
46 2:42:47 P.ゴンザレス スペイン
47 2:42:53 R.ニヤホラ ジンバブエ
48 2:43:12 T.ベルニホル ウクライナ
49 2:43:13 W.アリサパナ ペルー
50 2:44:02 L.ヘイトプ ナミビア
51 2:44:30 T.コリル カナダ
52 2:44:48 K.ガルダブラク モンゴル
53 2:44:49 A.カゼマカ ラトビア
54 2:45:46 チェ キョンソン 韓国
55 2:46:15 D.ベルモンテ キューバ
56 2:46:23 S.ラマダニ タンザニア
57 2:46:46 B.ベルジャチ クロアチア
58 2:46:59 M.バヤルツォト モンゴル
59 2:47:22 J.チャレノー 南アフリカ
60 2:48:39 L.リング スウェーデン
61 2:48:45 C.トアキザ エクアドル
62 2:49:30 R.ゴドイ アルゼンチン
63 2:49:45 M.ティユリ イスラエル
64 2:49:54 M.アサレ インド
65 2:52:21 劉 慶紅 中国
66 2:53:17 I.アンドレエワ キルギスタン
67 2:53:30 L.ドラゴミル ルーマニア
68 2:54:58 M.サイード パレスチナ
69 2:55:06 M.マトセビッチ クロアチア
70 2:56:15 D.ピドルスキー カナダ
71 2:57:06 G.プリレツィオ ギリシャ
72 2:58:21 A.ブリト エクアドル
73 2:58:32 Y.ナナジャシュビリ カザフスタン
74 2:58:51 F.チャイドジボ ジンバブエ
75 2:59:01 T.シモビッチ セルビア
76 2:59:43 N.ステパン クロアチア
77 3:04:11 M.ビアンキ ベネズエラ
78 3:05:03 M.カサヌエバ スペイン
  途中棄権 K.ダハマニ ティファヒ アルジェリア
  途中棄権 CAO Mojie 中国
  途中棄権 O.レブリ ギリシャ
  途中棄権 C.リベイロ ポルトガル
  途中棄権 キム ヒソン 北朝鮮
  途中棄権 P.トドラン ルーマニア
  途中棄権 H.ウィジャバランテ スリランカ
  途中棄権 L.ウィカー スウェーデン
  途中棄権 M.シャウリ タンザニア
  途中棄権 F.スナ トルコ
  途中棄権 Y.ピネダ ベネズエラ
  欠場 Y.ドリニン イスラエル

 

スポンサーリンク

 

金メダルを獲得したケリモ選手はチェリモ選手じゃないんですね。

 

リオオリンピックのときはチェリモ表記だったと思います。

 

ケリモ選手はボストンマラソン2017で2位でした。

 

銀メダルを獲得したキプラガト選手はボストンマラソン2017で優勝しました。

 

男子で優勝したキルイ選手もボストンマラソン2017で優勝していたので、ロンドン世界陸上のマラソンは、ボストンマラソン2017で結果を出した人が強かったです。

 

銅メダルを獲得したクラッグ選手はアメリカ代表です。

 

最近アメリカ代表の成績が良いですね。

 

優勝候補だったキルワ選手はなかなかスパートしないなぁと思っていたんですが、珍しく良くなかったです。

 

日本人選手は全体的に思ったより良くなかったです。

 

上げ下げのある展開は日本人は苦手ですよね。

 

日本人選手にとって理想的なのは、平均的に速いペースでずっといく展開です。

 

男子より悪い順位になるとは思いませんでした。

 

東京オリンピックに向けて、MGCシリーズが始まるので、切り替えて頑張って欲しいです。

MGCシリーズについて

 

スポンサーリンク

 

男子マラソンの結果はこちら

ロンドン世界陸上2017全競技日程

日本人選手の結果速報一覧