2017年10月8日にシカゴマラソンが行われました。

 

シカゴマラソン2017には有力選手が多数出ていて、日本人選手も出場していました。

 

この記事ではシカゴマラソン2017の有力選手と日本人選手の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

シカゴマラソン2017結果速報

男子

優勝 2:09:20 ゲーレン・ラップ(アメリカ)

2位 2:09:48 アベル・キルイ(ケニア)

3位 2:10:23 バーナード・キピエゴ(ケニア)

6位 2:11:46 松村康平(MHPS)

8位 2:12:19 ゼルセナイ・タデッセ(エリトリア)

11位 2:13:23 宮脇千尋(トヨタ自動車)

14位 2:14:49 フェイサ・リレサ(エチオピア)

18位 2:15:50 松尾良一(旭化成)

 

途中棄権

デニス・キメット(ケニア)

スタンリー・ビウォット(ケニア)

 

ペースメーカーがいなかったのでスローペースで進みました。

 

ハーフの通過が1時間5分49秒だったので、日本人選手にとっては良いペースだったかもしれません。

 

ゲーレン・ラップ選手は35kmから40kmの5kmを14分25秒で走り、後ろを突き放して優勝しました。

 

ラップ選手はリオデジャネイロオリンピックで銅メダルを獲得した選手です。

リオオリンピック男子マラソン結果速報順位一覧と感想

 

アベル・キルイ選手は前回のシカゴマラソンの優勝者でしたが、今回は少し届きませんでした。

 

日本人選手は松村康平選手が上手く粘れていたと思います。

 

前の選手を拾っていって、6位まで順位を上げました。

 

スポンサーリンク

女子

優勝 2:18:31 ティルネシュ・ディババ(エチオピア)

2位 2:20:22 ブリジッド・コスゲイ(ケニア)

3位 2:20:57 ジョーダン・ハセイ(アメリカ)

 

途中棄権

フローレンス・キプラガト(ケニア)

 

女子はティルネシュ・ディババ選手が好タイムで優勝しました。

 

ペースメーカーはいなかったんですが、ディババ選手が積極的にハイペースで走り、他の有力選手は1人ずつ落ちていったレースでした。

 

女子はメアリー・ケイタニー選手とティルネシュ・ディババ選手が実力的に抜けている感じです。

ロンドンマラソン2017結果速報(男子と女子)!ケイタニーが世界歴代2位

 

アメリカも最近は強くなってきた気がします。

 

今回3位に入ったジョーダン・ハセイ選手は2回目のマラソンで2時間20分台なのでスゴイです。

 

スポンサーリンク