2017年11月12日に第3回さいたま国際マラソンが行われました。

 

今回のさいたま国際マラソンは2020年に行われる東京オリンピックの選考レースとなっています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

この記事ではさいたま国際マラソン2017の上位選手と国内招待選手の岩出玲亜選手・吉田香織選手の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

さいたま国際マラソン2017結果速報

優勝 2:28:39 チェイエチ・ダニエル

2位 2:28:42 シタヤ・ハブテゲブレル

3位 2:30:06 ベケレシュ・ダバ

5位 2:31:10 岩出玲亜

12位 2:46:50 吉田香織

 

他に気になる選手がいれば、↓のサイトでナンバーカードか氏名を入力すれば検索できますよ。

ランナーズアップデート

MGCシリーズの通過条件

日本人3位以内で2時間29分以内

 

今回は残念ながらMGCシリーズ通過者はいませんでした。

感想

今回のさいたま国際マラソンは国内招待選手が2人しかいませんでした。

 

選考レースなのでもっと参加してほしいですが、実業団駅伝の日程の都合で参加しにくい大会となっています。

 

岩出玲亜選手はマラソンに専念するためにノーリツを退社。

 

ドームに所属して東京オリンピックを目指すことに決めました。

 

岩出選手は名古屋ウィメンズマラソン2017で途中棄権となってしまいましたが、今回も満足のいく結果ではなかったです。

 

最低でもMGCレースへの出場権は取っておきたかったでしょう。

 

しかし、優勝したダニエル選手でもMGCレースへの設定タイムをギリギリ切れたくらいなので、厳しい条件だったと思います。

 

ダニエル選手は今年2時間21分台の記録を出していて、ロンドン世界陸上のマラソンで4位に入った選手です。

ロンドン世界陸上2017女子マラソン結果速報!順位一覧

 

ちなみに30分遅れでスタートした川内優輝選手は2時間15分54秒でゴールしました。

 

スポンサーリンク