名古屋ウィメンズマラソン2020結果!一山麻緒が東京オリンピック代表に

2020年3月8日に名古屋ウィメンズマラソンが行われました。

この記事では上位に入った選手と注目選手の結果、レースの感想について書いています。

 

スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン2020結果

優勝 2:20:29 一山麻緒(ワコール)※日本歴代4位

2位 2:22:41 安藤友香(ワコール)

3位 2:22:56 ピュアリティー・リオノリポ(ケニア)

4位 2:23:17 ヒルト・ダンテ(エチオピア)

5位 2:23:27 佐藤早也伽(積水化学)

6位 2:23:52 ヘレン・トラ(エチオピア)

7位 2:25:08 ビルケ・デベレ(エチオピア)

8位 2:26:34 細田あい(ダイハツ)

9位 2:28:39 岩出玲亜(アンダーアーマー)

10位 2:29:29 大森菜月(ダイハツ)

11位 2:29:51 本田絵里香(肥後銀行)

12位 2:30:00 上杉真穂(スターツ)

13位 2:30:07 池満綾乃(鹿児島銀行)

14位 2:30:19 鈴木千晴(日立)

15位 2:30:35 松田杏奈(京セラ)

16位 2:32:00 岡田唯(大塚製薬)

18位 2:33:01 松本亜子(デンソー)

22位 2:35:22 野上恵子(十八銀行)

24位 2:37:34 猪原千佳(肥後銀行)

27位 2:41:26 清田真央(スズキ浜松AC)

 

途中棄権

ナンシー・キプロプ (ケニア)

ヘラリア・ジョハネス(ナミビア)

ステラ・バーソシオ(ケニア)

ベッツィ・サイナ(ケニア)

トルフェナ・チェプチルチル(ケニア)

福士加代子(ワコール)

池内彩乃(デンソー)

 

スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン2020の展開と感想

雨が降る厳しいコンディションでのレースでした。

ペースメーカーは5km16分40秒ペースで30kmまででした。

 

予想以上に多くの選手が先頭集団に付いていきました。

30kmまで付いていけた日本人選手は一山麻緒選手・佐藤早也伽選手・安藤友香選手の3人でした。

 

30km以降にペースが落ちるか心配でしたが、逆にペースが上がるという驚きの展開でした。

持ちタイムの速い外国人選手も付いていけませんでした。

 

優勝した一山麻緒選手は日本歴代4位の好記録で、東京オリンピックのマラソン代表に内定しました。

タイムだけでなく、内容も良いレースでした。

 

2位には同じワコールの安藤友香選手が入りました。

こちらも好タイムで終盤のラップタイムがすばらしいです。

 

日本人3位には初マラソンの佐藤早也伽選手が入りました。

終盤は失速してしまいましたが好タイムです。

 

細田あい選手は大幅に自己ベストを更新しています。

25km手前まで先頭集団にいました。

 

上位に入ると予想していた岩出玲亜選手と池満綾乃選手は早い段階で遅れてしまいました。

福士加代子選手も早い段階で遅れてしまい、途中棄権となりました。

 

スポンサーリンク