福士加代子選手が

名古屋ウィメンズマラソンに出場予定で

日本陸連が止めないという記事に

かなりのコメントがついていたので解説します。

 

結論から言うと、

今回の日本陸連の発言は全て正しくて

問題は何もありません

 

しかし、選考方法自体が間違っている?

という点に関しては考える必要があります。

 

スポンサーリンク

福士加代子に当確が出ないのはなぜ?

詳しくはこちらの記事を読んでください

リオオリンピックマラソン代表の選考基準を簡単に説明します

 

事前に発表された選考方法によると、

当確が出ることはありえません。

 

陸連が福士選手のことが嫌いなのではありません。

当確を出すことのほうが大問題になります。

 

 

陸連が福士加代子を止めない理由は?

陸連が福士選手を止めないのは

選考要項で選考レースに

複数参加することを認めているからです。

 

選手の意思を無理やり変えることはできません。

止めないのは当然のことです。

 

複数参加は禁止した方が良かったと思います。

 

スポンサーリンク

福士加代子は名古屋に出場したほうがいいのか?

福士選手は名古屋ウィメンズマラソンには

参加しないほうがいいです。

 

名古屋ウィメンズマラソンに出場しても

大阪国際女子マラソンよりも

良い走りができる可能性はほとんどありません。

 

大阪国際女子マラソンの走りで

リオオリンピックの出場はほぼ決まっています。

100%と言ってもいいくらいの可能性です。

 

陸連は100%じゃないから

落選もありえる

と言わざるをえないのです。

 

もう決まったものと思って、

リオオリンピックに向けて

練習したほうがいいです。

 

選考方法について

選考方法に関しては今のやり方で

そんなに問題ないと思っています。

 

ただ設定タイムはいらないです。

 

一発勝負に関してはこちらの記事に書いています。

オリンピックのマラソン選考を一発勝負にできない2つの理由!

 

一発勝負はわかりやすいだけで、

いい選考方法とは思いません。

 

今回の問題は福士選手側の方が

冷静に考えずに暴走しているだけです。

おとなしく待っていれば代表に選ばれます。

 

もちろん名古屋で二人以上好走すれば、

選ばれない可能性はありますが、

そうなったら相手を褒めるしかないです。

 

スポンサーリンク