2019年7月7日にゴールドコーストマラソンが行われました。

この記事では日本人選手の順位とタイムをまとめています。

 

スポンサーリンク

ゴールドコーストマラソン2019結果

男子

優勝 2:07:50 設楽悠太(Honda)※大会記録

2位 2:08:02 バーナバス・キプトゥム(ケニア)

3位 2:08:19 ゼーン・ロバートソン(ニュージーランド)※ニュージーランド記録

7位 2:12:10 バーナード・ラガト(アメリカ)※自己ベスト

8位 2:12:12 木村慎(Honda)※自己ベスト

12位 2:15:23 桃澤大祐(サン工業)

13位 2:15:32 川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)

16位 2:16:27 棟方雄己(カネボウ)

18位 2:17:44 牧野冴希

21位 2:20:09 山崎竹丸

22位 2:20:48 須河宏紀

26位 2:22:43 塚田空

28位 2:23:40 山口純平

31位 2:25:16 開上知弘

34位 2:26:39 郡司貴大(小森コーポレーション)

 

設楽悠太選手が大会記録で優勝しました。

日本選手権で5000mを走った後でしたが、好調のようです。

次はホクレンの網走で10000mを走る予定のようなので、疲れも残らなかったんでしょう。

 

川内優輝選手はペースメーカーのスピードに付いていけませんでした。

ということで、スピード強化に力を入れるそうです。

 

木村慎選手は自己ベスト、桃澤大祐選手は初マラソンでした。

 

3位に入ったゼーン・ロバートソン選手は初マラソンでのニュージーランド記録更新でした。

ゼーン選手は双子の兄で、弟のジェイク選手はびわ湖毎日マラソン2018で初マラソンを走っていました。

びわ湖毎日マラソン2018結果

ジェイク選手も初マラソンでのニュージーランド記録でした。

ニュージーランドから一気に2人も強敵が出てきました。

女子

優勝 2:27:56 RODAH TANUI(ケニア)

9位 2:37:24 橋本奈海(三井住友海上)

13位 2:41:48 赤坂よもぎ(スターツ)

21位 2:55:26 川内侑子

 

ゴールドコーストマラソン2018結果

 

スポンサーリンク