2018年1月28日に第37回大阪国際女子マラソンが行われます。

スタート時間は12時10分です。

 

この記事では大阪国際女子マラソン2018の国内招待選手と注目選手の紹介・予想と展望について書いています。

 

スポンサーリンク

大阪国際女子マラソン2018出場選手

国内招待選手

安藤友香(スズキ浜松 AC)

自己ベスト 2時間21分36秒

 

小﨑まり(ノーリツ)

自己ベスト 2時間23分30秒

 

岩出玲亜(ドーム)

自己ベスト 2時間24分38秒

※右太もも裏を痛めて欠場

 

石井寿美(ヤマダ電機)

自己ベスト 2時間27分35秒

※左恥骨の疲労骨折により欠場

 

吉田香織(TEAM R×L)

自己ベスト 2時間28分24秒

 

前田穂南(天満屋)

自己ベスト 2時間28分48秒

 

古瀬麻美(京セラ)

自己ベスト 2時間30分44秒

 

松田瑞生(ダイハツ)

自己ベスト 1時間10分25秒(ハーフ)

注目選手

池満綾乃(鹿児島銀行)

自己ベスト 1時間11分36秒(ハーフ)

 

棚池穂乃香(京都産業大学)

自己ベスト 1時間12分20秒(ハーフ)

 

高田晴奈(ヤマダ電機)

自己ベスト 2時間31分17秒

MGCの出場資格

日本人1~3位 2時間28分以内

日本人4~6位 2時間27分以内

※MGC出場資格保持者は順位に含まない

 

MGCについてはこちらの記事にまとめています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

大阪国際女子マラソン2018に出場しているMGC出場資格保持者

前田穂南

 

スポンサーリンク

大阪国際女子マラソン2018予想と展望

大阪国際女子マラソン2018には実績のある外国人選手が出場していません。

 

日本人選手の中では安藤友香選手が強いです。

名古屋ウィメンズマラソン2017で日本歴代4位の記録を出している選手です。

初優勝の可能性が高く、タイムも気になります。

私は2時間23分台だと予想します。

 

安藤選手の次に勝てる可能性が一番高いのは北海道マラソンで優勝した前田穂南選手です。

北海道マラソンで2時間28分台は好記録です。

今回は2時間25分を切ってくるかもしれません。

 

松田瑞生選手は初マラソンです。

マイペースで走ることはせずに、つけるだけつく走りをすると思います。

何とか35kmまでついていって、2時間28分を目標にしてもらいたいです。

 

MGCの出場資格獲得は今回は安藤友香選手だけになるかもしれません。

他に可能性が高そうなのは松田瑞生選手と吉田香織選手です。

3人獲得は難しいと思います。

 

スポンサーリンク