2018年3月11日に名古屋ウィメンズマラソンが行われます。

 

この記事では名古屋ウィメンズマラソン2018の概要・招待選手の紹介・日本人選手の順位とタイム予想について書いています。

 

スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン2018概要

スタート時間:9時10分

テレビ放送:9時~(フジテレビ)

ナゴヤドーム解説:有森裕子

1号車解説:高橋尚子、野口みずき

バイク解説:金哲彦

名古屋ウィメンズマラソン2018招待選手

海外招待選手

バラリー・ジェメリ(ケニア)

自己ベスト:2時間20分53秒

 

チェイエチ・ダニエル(ケニア)

自己ベスト:2時間21分22秒

 

メリマ・モハメド(バーレーン)

自己ベスト:2時間23分06秒

 

メスケレム・アセファ(エチオピア)

自己ベスト:2時間24分18秒

 

カロリナ・ナドルスカ(ポーランド)

自己ベスト:2時間26分31秒

 

サラ・ドッセーナ(イタリア)

自己ベスト:2時間29分39秒

国内招待選手

前田 彩里(ダイハツ)

自己ベスト:2時間22分48秒

 

小原 怜(天満屋)

自己ベスト:2時間23分20秒

 

清田 真央(スズキ浜松AC)

自己ベスト:2時間23分47秒

 

岩出 玲亜(ドーム)

自己ベスト:2時間24分38秒

 

竹地 志帆(ヤマダ電機)

自己ベスト:2時間25分29秒

 

田中 華絵(資生堂)

自己ベスト:2時間26分19秒

 

沼田 未知(豊田自動織機)

自己ベスト:2時間27分27秒

 

下門 美春(ニトリ)

自己ベスト:2時間27分54秒

 

加藤 岬(九電工)

自己ベスト:2時間28分12秒

 

野上 恵子(十八銀行)

自己ベスト:2時間28分19秒

 

関根 花観(JP日本郵政グループ)

自己ベスト:31分22秒92(10000m)

 

スポンサーリンク

MGCの獲得条件

日本人1~3位 2時間28分以内

日本人4~6位 2時間27分以内

※MGC出場資格保持者は順位に含まない

 

MGCについてはこちらの記事にまとめています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

他にワイルドカードでの出場条件もあって、期間内の上位2つの平均タイムが2時間28分以内という条件があります。

 

今回出場する選手の中で、ワイルドカードの条件を満たしそうな選手

加藤岬:2時間27分48秒以内

名古屋ウィメンズマラソン2018予想

今回は名古屋ウィメンズマラソンを3連覇していたキルワ選手が出場していません。

しかし、海外招待選手は強く、特にジェメリ選手とダニエル選手はキルワ選手と同じくらいの実力だと思います。

優勝争いはこの2人になるでしょう。

 

日本人選手も有力選手が多数出場しています。

女子は今までMGCの獲得者が3人しかいませんが、今大会では5人獲得すると予想します。

そのくらい力のある選手がそろっています。

2時間23分台の争いになると思います。

 

日本人のトップ候補は小原怜選手です。

前回は疲労骨折で欠場となってしまいましたが、調子もだいぶ戻ってきています。

 

他に日本人トップになりそうなのは清田真央選手と前田彩里選手です。

しかし、清田選手は世界陸上が終わってから調子が戻せているのかという不安があります。

前田選手は駅伝では好走していましたが、故障明けなのでマラソンはどうなのかという不安があります。

 

マラソンの実績ではこの3選手が少し抜けていますが、万全ではないかもしれないので、他の選手が日本人トップになる可能性も高いです。

個人的に楽しみなのは初マラソンを2時間26分台で走った田中華絵選手です。

資生堂に移籍しましたが、どれくらい成長したのか注目です。

 

関根花観選手は初マラソンです。

関根選手はハーフマラソンも未経験で、マラソンでどんな結果になるのか全く予想できません。

最近は初マラソンで好記録が連発しているので、いきなり代表有力候補になるかもしれません。

駅伝では粘れているので、2時間30分は切れるんじゃないかなと思っています。

 

スポンサーリンク