2018年3月11日に名古屋ウィメンズマラソンが行われました。

 

この記事では名古屋ウィメンズマラソン2018の結果速報・MGC獲得選手・感想について書いています。

 

スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン2018結果速報

優勝 2:21:45 メスケレム・アセファ

2位 2:22:48 バラリー・ジェメリ

3位 2:23:07 関根 花観

4位 2:26:28 岩出 玲亜

5位 2:26:33 野上 恵子

6位 2:27:40 田中 華絵

7位 2:27:41 メリマ・モハメド

8位 2:27:44 小原 怜

9位 2:28:58 清田 真央

10位 2:29:22 加藤 岬

11位 2:29:49 土井 友里永

12位 2:30:07 沼田 未知

13位 2:30:43 井上 彩花

14位 2:30:46 カロリナ・ナドルスカ

15位 2:30:54 前田 彩里

16位 2:31:21 池満 綾乃

17位 2:32:14 水口 侑子

18位 2:32:28 赤坂 よもぎ

19位 2:33:01 チェイエチ・ダニエル

20位 2:34:17 吉田 香織

25位 2:37:18 下門 美春

29位 2:39:46 竹地 志帆

MGC獲得者は誰?

MGCの獲得条件

日本人1~3位 2時間28分以内

日本人4~6位 2時間27分以内

※MGC出場資格保持者は順位に含まない

 

MGCについてはこちらの記事にまとめています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

他にワイルドカードでの出場条件もあって、期間内の上位2つの平均タイムが2時間28分以内という条件があります。

 

今回MGCを獲得できた選手

関根花観、岩出玲亜、野上恵子

 

スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン2018の感想

今回のペースメーカーは5km17分で25kmまででした。

 

優勝争いはダニエル選手が早めに落ちてしまったので、ジェメリ選手が楽に優勝できるかなと思っていましたが、アセファ選手の終盤力が強かったです。

ジェメリ選手は早めにスパートしましたが、思ったより余力が残っていなかったんでしょう。

 

日本人選手は全体的に見れば残念な結果となりました。

今回のメンバーだと5人くらいはMGCの権利を獲得してほしかったです。

5km17分はそんなに速いペースではないので、余裕を持って付いていける選手が増えてほしいです。

 

日本人トップだった関根花観選手はハーフマラソンも未経験の初マラソンだったんですが、素晴らしい結果となりました。

最初から最後まで5km17分のペースで走りきりました。

30kmを過ぎてからはペースが落ちないか心配しながら観ていましたが、全然落ちませんでした。

最近は初マラソンで好走する選手が多くて良いですね。

 

岩出玲亜選手は残念な結果が続いていましたが、今回は日本人2位でMGCの権利を獲得できました。

まだ完全には戻ってない感じですが、来年度に向けていい結果だったと思います。

 

野上恵子選手はプリンセス駅伝・都道府県対抗女子駅伝と好走していましたが、マラソンでも自己ベスト更新の好走でした。

後半でペースの落ちが少なかったのが好記録につながりました。

 

田中華絵選手はMGC獲得のタイムには届きませんでしたが、ワイルドカードの条件が2時間28分20秒以内になったので、来年度での獲得の可能性が高くなりました。

先頭集団から離れるのが早すぎました。

 

小原怜選手は最低もMGCは獲得できると思ったんですが、ペースが大幅に落ちてしまいました。

レース後は足が動いてなかったので、調子がかなり悪かったんでしょう。

実力がある選手なので、来年度は絶対にMGCの権利を獲ってほしいです。

 

清田真央選手は早めに遅れてしまい、MGC獲得のタイムには届きませんでした。

ロンドン世界陸上から調子が全然戻りませんね。

 

加藤岬選手はワイルドカードでのMGC獲得の可能性がありましたが、終盤で大幅にペースが落ちてしまいました。

大阪国際女子マラソンの時もそうでしたが、落ち始めると一気に落ちてしまうのは良くないです。

 

前田彩里選手は故障明けのレースでした。

駅伝では好走していましたが、マラソンでは良い結果を残すことができませんでした。

来年度に向けてもう少し良いタイムで走っておきたかった気がします。

 

スポンサーリンク