2018年8月26日にインドネシアのジャカルタでアジア大会女子マラソンが行われました。

 

この記事ではアジア大会女子マラソンの結果速報と感想について書いています。

 

スポンサーリンク

アジア大会男子マラソン2018結果速報

1位 2:34:51 ローズ・チェリモ(バーレーン)

2位 2:36:27 野上恵子(十八銀行)

3位 2:37:20 キム・ヒソン(北朝鮮)

9位 2:42:35 田中華絵(第一生命)

アジア大会女子マラソン2018感想

ローズ・チェリモ選手は圧倒的な強さでした。

スローペースで進んで、25kmから大幅にペースを上げて独走状態になりました。

暑さにも強いようで、東京オリンピックの金メダルに一番近い選手ではないでしょうか。

 

野上恵子選手は集団を引っ張る時間が長かったんですが、終盤まで力が落ちませんでした。

最近は日本人選手が北朝鮮人選手に勝てないレースが続いていましたが、今回は勝つことが出来てうれしいです。

 

田中華絵選手は靴紐がほどけてしまうアクシデントがありました。

まだMGCの出場権がないので、大阪か名古屋で狙いにいくことになります。

2時間28分20秒以内で走ればワイルドカードで出場できるので、獲得の可能性は高いです。

 

男子の結果はこちら

アジア大会ジャカルタ2018男子マラソン結果速報!井上大仁が金メダル獲得

 

スポンサーリンク