2018年8月25日にインドネシアのジャカルタでアジア大会男子マラソンが行われました。

 

この記事ではアジア大会男子マラソンの結果速報と感想について書いています。

 

スポンサーリンク

アジア大会男子マラソン2018結果速報

1位 2:18:22 井上大仁(MHPS)

2位 2:18:22 エルハサン・エルアバシ(バーレーン)

3位 2:18:48 多布傑(中国)

4位 2:19:04 園田隼(黒崎播磨)

アジア大会男子マラソン2018感想

井上大仁選手が32年ぶりの金メダルを獲得しました。

 

序盤は集団の後方にいて、10km過ぎに少し先頭に出て、その後は2~4番手くらいの位置を走っていました。

最後の100m勝負になりましたが、勝つことができました。

 

解説の尾方剛さんも言ってましたが、もっとスッキリとした勝ちを期待していました。

帰化選手はどんな実績でも怖い存在です。

冷静に確実にいったつもりが、エルアバシ選手が予想以上に強くて苦戦したレースといった感じでした。

 

銀メダルのエルアバシ選手は中盤から遅れぎみでしたがよく粘っていました。

日本人選手からすると、もっと早めに落としておきたかった選手です。

 

園田隼選手は中盤からずっと先頭を引っ張っていましたが、一回後ろに下がってみるといった作戦を使えるようになると、もっといい成績をとれるようになると思いました。

今回はメダルを獲ることはできませんでしたが、良い経験になったと思います。

 

明日は女子マラソンです。

女子もメダル獲得の可能性が高いです。

アジア大会ジャカルタ2018マラソン(男子・女子)順位予想!海外有力選手の紹介も

 

スポンサーリンク