2016年12月4日に

第70回福岡国際マラソンが行われました。

 

今回の福岡国際マラソンは

2017年に行われるロンドン世界陸上

代表選考レースとなっていました。

 

この記事では福岡国際マラソン2016の

結果速報と感想について書いています。

 

注目されていた埼玉県庁の

川内優輝選手の順位とタイムは

どうだったんでしょうか。

 

スポンサーリンク

福岡国際マラソン2016の結果速報

1位(2:08:48)イエマネ・ツェガエ

2位(2:08:57)パトリック・マカウ

3位(2:09:11)川内優輝

4位(2:10:40)園田隼

10位(2:12:19) 前田和浩

12位(2:12:44)山岸宏貴

福岡国際マラソン2016の感想

川内優輝選手は11月12日の練習中に

右足ふくらはぎを痛めていたんですが、

予想以上の好走でした。

 

今までオーバーワーク気味だったので、

練習量を少なくしたのが

良かったのかもしれませんね。

 

世界のトップランナー相手に

いい勝負ができていたと思います。

 

優勝争いも面白かったです。

 

3連覇を狙っていたマカウ選手は

余裕があるように見えましたが、

ラストスパートをする余裕は

残っていませんでした。

 

ツェガエ選手は

2015年の北京世界陸上で

2位に入った選手なので強かったです。

 

他の日本人選手は

黒崎播磨の園田選手は

大幅に自己ベストを更新しました。

 

まだ27歳なので、

次のマラソンの結果に注目です。

 

期待されていた若い山岸選手は

自己ベストに近かったので、

まずまずといった感じでしょうか。

 

途中までは良いポジション取りが

出来ていたと思います。

 

条件が悪かったとはいえ、

もう少し良い記録を

出してほしかったです。

 

スポンサーリンク

ロンドン世界陸上の代表争いについて

ロンドン世界陸上の代表は

3位までに入れば

代表候補には入るんですが、

川内優輝選手以外はほぼノーチャンスです。

 

川内選手の代表の可能性は

今のところ50%くらいでしょうか。

 

気象条件やペースメーカーを考えると

代表の可能性が高くなるんですが、

どこまで考慮されるんでしょうか?

 

東京マラソンには有力選手が

多数出場すると思うので、

どんな結果になるのか楽しみです。

 

スポンサーリンク