2019年10月13日にシカゴマラソンが行われました。

ブリジット・コスゲイ選手が驚異的な世界新記録を出しました。

この記事では上位に入った選手と日本人選手の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

シカゴマラソン2019結果

男子

優勝 2:05:45 ローレンス・チェロノ(ケニア)

2位 2:05:46 ディジェン・デベラ(エチオピア)

3位 2:05:48 アセファ・メングストゥ(エチオピア)

4位 2:05:53 ビダン・カロキ(ケニア・DeNA)

5位 2:06:14 バシル・アブディ(ベルギー)

7位 2:09:11 ディクソン・チュンバ(ケニア)

8位 2:09:58 モハメド・ファラー(イギリス)

13位 2:11:02 大石港与(トヨタ自動車)

20位 2:12:25 早川翼(トヨタ自動車)

21位 2:12:26 竹内竜真(日立物流)

途中棄権 髙橋裕太(大塚製薬)、ゲーレン・ラップ(アメリカ)

 

スプリント勝負になりましたが、ローレンス・チェロノ選手が競り勝ちました。

ボストンマラソン2019でもスプリント勝負で優勝していました。

 

ビダン・カロキ選手は最後に力が残っていませんでした。

しかし、自己ベスト更新です。

 

日本人選手は遅いペースの集団に付いていって、最後までペースが上がりませんでした。

女子

優勝 2:14:04 ブリジット・コスゲイ(ケニア)※世界新記録

2位 2:20:51 アバベル・イエシャネ(エチオピア)

3位 2:20:55 ゲレテ・ブルカ(エチオピア)

4位 2:25:27 エマ・ベイツ(アメリカ)

5位 2:26:47 フィンヌーラ・マコーマック(アイルランド)

 

ブリジット・コスゲイのラップタイム

5km 15:28

10km 31:28(16:00)

15km 47:26(15:58)

20km 1:03:27(16:01)

ハーフ 1:06:59

25km 1:19:33(16:06)

30km 1:35:18(15:45)

35km 1:51:14(15:56)

40km 2:07:11(15:57)

フィニッシュ 2:14:04(6:53)

 

ブリジット・コスゲイ選手が驚異的なタイムでゴールしています。

いつ抜かれるのか分からないと思っていたポーラ・ラドクリフ選手のすばらしいタイムが16年半後に更新されました。

女子マラソンはこれから好記録が連発しそうな予感がします。

 

シカゴマラソン2018結果

 

スポンサーリンク