2016年3月6日に

第71回びわ湖毎日マラソンが開催されました。

 

リオオリンピック選考の最後のレースで

有力選手が多数出場していたので

大注目のレースとなりました。

スポンサーリンク

注目選手の結果速報

※上位50位までと注目選手のみ

順位 タイム 選手名
優勝 2:09:11 ルーカス・ロティチ
2位 2:09:16 北島 寿典
3位 2:09:19 アルフォンス・フェリクス・シンブ
4位 2:09:25 石川 末廣
5位 2:09:31 深津 卓也
6位 2:09:39 丸山 文裕
7位 2:11:53 川内 優輝
8位 2:12:06 中本 健太郎
9位 2:12:56 井上 大仁
10位 2:13:27 池田 宗司
11位 2:14:57 ムニョ・ソロモン・ムタイ
12位 2:14:58 松宮 隆行
13位 2:15:00 田村 英晃
14位 2:15:42 長谷川 清勝
15位 2:15:42 マイナ・ディション・カルクワ
16位 2:16:09 シュラ・キタタ
17位 2:16:18 高橋 憲昭
18位 2:16:32 佐々木 寛文
19位 2:16:33 佐藤 淳
20位 2:17:09 加藤 德一
21位 2:17:14 荻野 皓平
22位 2:17:37 福山 良祐
23位 2:17:47 岡本 直己
24位 2:17:53 大谷 康太
25位 2:17:54 酒井 将規
26位 2:17:56 前田 和浩
27位 2:17:56 松藤 大輔
28位 2:17:59 五十嵐 祐太
29位 2:18:11 森橋 完介
30位 2:18:23 谷川 智浩
31位 2:18:29 中村 高洋
32位 2:18:31 高林 祐介
33位 2:18:53 中尾 勇生
34位 2:18:55 後藤 敬
35位 2:19:06 福田 穣
36位 2:19:08 足立 知弥
37位 2:19:25 園田 隼
38位 2:19:28 出口 和也
39位 2:19:44 井戸 浩貴
40位 2:20:16 佐久間 祥
41位 2:20:24 内藤 寛人
42位 2:20:48 藤山 哲隆
43位 2:21:05 辻 茂樹
44位 2:21:09 石田 亮
45位 2:21:31 松井 将器
46位 2:21:39 松宮 祐行
47位 2:21:44 土屋 貴幸
48位 2:21:52 飯沼 健太
49位 2:21:54 岩橋 俊幸
50位 2:21:59 辻井 三嗣
52位 2:22:15 柏原 竜二
53位 2:22:33 野口 拓也
58位 2:22:42 黒﨑 拓克
62位 2:23:09 上野 裕一郎
64位 2:23:14 米澤 類

注目選手の欠場

タデセ・トラ

シュミ・デチャサ

藤原 正和

山本 亮

木滑 良

星 創太

大塚 祥平

木村 慎

窪田 忍

びわ湖毎日マラソンの感想

終わってみて思ったのは

ペースメーカーの影響は大きい

ということです。

 

今回、日本人選手4人が

2時間09分台でフィニッシュできたのは

ペースメーカーの力が大きいです。

 

東京マラソンも同じような

ペースメーカーであれば

2時間10分を切れたかもしれません。

 

外国人選手用と日本人選手用に別れた

今回のペースメーカーは

日本人選手にとっては

いい結果となりました。

 

最後まで誰が勝つかわからない

激しい日本人1位争いでしたが、

北島選手が競り勝ちました。

 

リオオリンピックの代表は

ほぼ確実なので

オリンピックでも頑張ってもらいたいです。

 

私が注目していた初マラソンの

井上選手はまずまずの結果でした。

後ろの方で余裕がありそうだったので、

ニヤニヤしながら見ていました。

 

柏原選手は集団から離れてから

粘りの走りができなかったようです。

フィニッシュタイムを見てガッカリしました。

 

他に期待できそうなのは

初マラソンの丸山選手です。

少し仕掛けどころを間違えてしまいましたが、

いい経験ができたと思います。

 

東京マラソンの服部勇馬選手もそうでしたが、

初マラソンでは35kmまでは

我慢したほうが良さそうです。

 

余裕があっても最後まで

持たせるのは難しいんですね。

スポンサーリンク

代表はどうなる?

リオオリンピック男子マラソン選考レース結果一覧と代表予想