2017年12月17日に第48回防府読売マラソンが行われました。

 

防府読売マラソンはMGCシリーズのレースではありませんが、ワイルドカードでMGCレースの出場資格を獲得できる可能性があります。

詳しいことは↓の記事に書いています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

この記事では防府読売マラソン2017の上位選手・招待選手・注目選手の結果(順位・タイム)をまとめています。

 

スポンサーリンク

防府読売マラソン2017結果速報

優勝 2:10:03 川内優輝(埼玉県庁)

2位 2:11:26 濱崎達規(南城市役所)

3位 2:12:17 田中飛鳥(ゆとりRC)

4位 2:12:32 山下伸一(御殿場滝ヶ原自衛隊)

5位 2:12:36 中村泰之(スズキ浜松AC)

6位 2:12:58 兼実省伍(中国電力)

7位 2:13:16 倉田翔平(GMO)

8位 2:15:43 一色恭志(GMO)

 

女子の優勝は2時間28分12秒で加藤岬選手(九電工)でした。

 

残りの選手の記録は↓の公式サイトで確認できます。

防府読売マラソン公式サイト

MGCレースの出場権獲得者は?

ワイルドカードの通過条件

2時間8分30秒以内

上位2大会の平均が2時間11分00秒以内

 

今回MGCレースの出場権を獲得できた選手

川内優輝

 

川内優輝選手は福岡国際マラソン2017で2時間10分53秒という結果を残しているので、2時間11分07秒以内で走れば、MGCレースの出場権獲得という条件でした。

 

川内選手は今回、2時間10分03秒だったので、ワイルドカードの通過条件を満たしました。

 

女子のワイルドカードの通過条件

2時間24分00秒以内

上位2大会の平均が2時間28分00秒以内

 

加藤岬選手は次のレースで2時間27分48秒以内なら、ワイルドカードの通過条件クリアとなります。

 

スポンサーリンク

防府読売マラソン2017の感想

川内優輝選手がマラソンで30回目の優勝となりました。

タイムも良く、安定して好成績を残しています。

相変わらず終盤のペースが速く、35~40kmが15分04秒、ラスト2.195kmが6分42秒でした。

 

2位に入った濱崎達規選手は自己ベスト更新で、MGCレースの出場権も狙える範囲に入ってきました。

次のレースで2時間10分34秒で走れば、ワイルドカードの条件クリアです。

 

注目されていた一色恭志選手は終盤で大幅に失速してしまいました。

次のレースはびわ湖毎日マラソン2018でしょうか?

今後の注目駅伝を紹介

2017年12月24日:高校駅伝

高校駅伝2017出場校一覧と予想!優勝候補と注目選手は?

 

2018年1月1日:ニューイヤー駅伝

ニューイヤー駅伝2018予想と出場チーム一覧!優勝候補と注目選手は?

 

2018年1月2日・3日:箱根駅伝

箱根駅伝2018順位予想と出場校一覧!優勝候補と注目選手は?

 

スポンサーリンク