2018年4月22日にロンドンマラソンが行われました。

 

ロンドンマラソンは前回、世界歴代2位と3位の記録が出た大会です。

ロンドンマラソン2017結果

 

この記事ではロンドンマラソンの結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

ロンドンマラソン2018結果速報

女子

優勝 2:18:31 ビビアン・チェルイヨット

2位 2:20:13 ブリジット・コスゲイ

3位 2:21:40 タデレッチ・ベケレ

4位 2:24:10 グラディス・チェロノ

5位 2:24:27 メアリー・ケイタニー

6位 2:26:03 ローズ・チェリモ

7位 2:27:45 マレ・ディババ

 

途中棄権

ティルネシュ・ディババ

 

前半はメアリー・ケイタニー選手とティルネシュ・ディババ選手がハイペースで走りました。

ハーフ通過はケイタニー選手が1:07:16、ディババ選手が1:07:39でした。

しかし、後半はペースが落ちてしまい、ディババ選手は30kmを過ぎて途中棄権、ケイタニー選手は35kmから1km4分を超えるペースになってしまいました。

 

優勝したビビアン・チェルイヨット選手はハーフ通過は1:08:56だったので、後半もそんなにペースは落ちていません。

チェルイヨット選手はトラックで実績のある選手で、リオオリンピックでは5000mで金メダル・10000mで銀メダルを獲得していました。

これまでの自己ベストは2時間23分台でしたが大幅に自己ベストを更新して、世界歴代4位の記録となりました。

 

スポンサーリンク

男子

優勝 2:04:27 エリウド・キプチョゲ

2位 2:05:00 トラ・シュラ・キタタ

3位 2:06:32 モハメド・ファラー

4位 2:07:07 アベル・キルイ

5位 2:08:34 ビダン・カロキ

6位 2:08:53 ケネニサ・ベケレ

7位 2:09:25 ローレンス・チェロノ

8位 2:10:35 ダニエル・ワンジル

16位 2:25:42 濱崎 達規

17位 2:32:35 グエ・アドラ

 

今回もエリウド・キプチョゲ選手の優勝でした。

これで10戦9勝(2着1回)です。

毎回2時間4分前後で安定しているのは素晴らしいです。

今回は20度を超えるくらいまで気温が上がったみたいなので、後半ペースが落ちてしまいましたが圧倒的な強さでした。

 

2位のトラ・シュラ・キタタ選手はびわ湖毎日マラソン2016で前半飛ばしたけど、終盤で失速してしまった選手です。

あの時から比べるとかなり力をつけましたね。

自己ベストで2位に入りました。

 

マラソンに挑戦したモハメド・ファラー選手はイギリス記録を出しました。

まだ給水に慣れてないようで、落としてタイムロスをしたこともありました。

まだまだ記録を更新できる期待ができます。

 

スポンサーリンク