2017年2月26日に

東京マラソン2017が行われます。

 

東京マラソン2017では高額の賞金が出ます。

 

この記事では東京2017の賞金や

大会記録・世界記録・日本記録の

更新の可能性について書いています。

 

スポンサーリンク

東京マラソン2017の賞金はいくら?

東京マラソン2017では

1位から10位まで賞金が出ます。

 

他に大会記録世界記録日本記録

更新した時も賞金が出ます。

 

東京マラソン2017の賞金は

男女別で出ます。

順位賞金

1位:1100万円

2位:400万円

3位:200万円

4位:100万円

5位:75万円

6位:50万円

7位:40万円

8位:30万円

9位:20万円

10位:10万円

記録更新賞金

世界記録:3000万円

日本記録:500万円

大会記録:300万円

 

記録更新賞金については

記録更新者が複数出た場合は

1位の選手のみ賞金が出ます。

 

スポンサーリンク

東京マラソン2017で記録更新の可能性は?

男子

世界記録:2時間2分57秒

日本記録:2時間6分16秒

大会記録:2時間5分42秒

 

まず大会記録ですが、

これは50%以上の確率で

更新すると思います。

 

大会記録を更新できると思う理由は2つあります。

 

1つ目はウィルソン・キプサング・キプロティチが出場するからです。

 

キプサング選手は世界歴代4位タイ

2時間3分13秒という

マラソン記録を持っています。

 

さらに、2時間3分台の記録が3回、

2時間4分台の記録が4回もあります。

 

2つ目の理由はペースメーカーが7人いるからです。

 

ペースメーカーの選手はこちらの記事にまとめています。

東京マラソン2017招待選手とペースメーカー!注目選手は誰?

 

ペースメーカーが7人いるので、

世界記録用の設定タイムの

集団がある可能性が高いです。

 

ということで、大会記録だけでなく、

世界記録の更新も期待できます。

 

世界記録までは難しいとは思いますが、

好記録が期待できます。

 

次に日本記録の更新についてですが、

キプサング選手の世界記録更新より

可能性は低いと思います。

 

男子マラソンの日本記録は

14年以上更新されていません。

 

個人的には今回は

2時間7分台が1人で、

2時間8分台が1人出れば

明るい結果だと思っています。

女子

世界記録:2時間15分25秒

日本記録:2時間19分12秒

大会記録:2時間21分27秒

 

女子は世界記録の更新はほぼ無理です。

 

ポーラ・ラドクリフ選手の世界記録は

圧倒的すぎていつ更新されるのか

全く予想できません。

 

大会記録の方は可能性はありますが、

男子と比べると更新の可能性は低いです。

 

日本記録の更新はほぼ無理です。

 

東京マラソン2017は

ロンドン世界陸上の

選考レースとなっていないので

有力選手が出場していません。

 

日本人のトップは2時間30分を

切れるかどうかくらいの期待度です。

 

ただ東京マラソン2017では

女子の海外招待選手が

7人しかいません。

 

まだエリート選手以外の

選手情報が分かっていないのですが、

日本人トップになれば

最低でも8位になるということです。

 

東京マラソン2017では

10位まで賞金が出るので、

賞金獲得のハードルは低くなっています。

 

スポンサーリンク

 

東京マラソン2017の予想記事はこちら

東京マラソン2017予想!優勝候補と日本人のタイムと順位は?