2019年4月15日にボストンマラソンが行われました。

前回は川内優輝選手が優勝した大会です。

ボストンマラソン2018結果

 

この記事では上位選手と日本人選手の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

ボストンマラソン2019結果速報

男子

優勝 2:07:57 ローレンス・チェロノ(ケニア)

2位 2:07:59 レリサ・デシサ(エチオピア)

3位 2:08:07 ケネス・キプケモイ(ケニア)

4位 2:08:54 フェリックス・カンディー(ケニア)

5位 2:08:54 ジョフリー・キルイ(ケニア)

12位 2:11:53 井上大仁(MHPS)

17位 2:15:29 川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)

18位 2:15:58 園田隼(黒崎播磨)

27位 2:19:31 甲斐大貴(ラフィネグループ)

途中棄権 木津晶夫(カネボウ)

 

前半少し遅めのペースでハーフ通過は1時間4分28秒。

35km過ぎから大幅にペースが上がり、チェロノ・デシサ・キプケモイの3選手の争い。

最後はラスト100mのスプリント勝負になり、ローレンス・チェロノ選手が競り勝ちました。

 

ペースメーカーがいないレースだと終盤のペースアップがスゴイです。

35~40kmのラップタイムは14分29秒でした。

 

日本人トップは井上大仁選手でした。

井上選手は35km前で遅れてしまいました。

先頭集団のペースが25~30kmが15分36秒で、30~35kmが15分17秒でした。

ここのペースアップに付いていけませんでした。

 

ボストンマラソンは30km過ぎから上り坂があるので、ここでペースアップされると付いていくのは難しいです。

終盤はペースが大幅に落ちてしまい、東京オリンピックの参加資格であるWMM10位以内の条件を満たすことは

出来ませんでした。

 

ディフェンディングチャンピオンの川内優輝選手は10km過ぎから遅れていきました。

今回は川内選手に有利なコンディションではありませんでした。

 

スポンサーリンク

女子

優勝 2:23:31 ワークネシュ・デゲファ(エチオピア)

2位 2:24:13 エドナ・キプラガト(ケニア)

3位 2:25:20 ジョーダン・ハセイ(アメリカ)

4位 2:25:40 メスケレム・アセファ(エチオピア)

5位 2:27:00 デズリー・リンデン(アメリカ)

28位 2:40:41 橋本奈海(三井住友海上)

33位 2:42:07 永尾薫(Sunfield)

 

女子は前半からデゲファ選手が抜け出して、2位に3分近くリードを広げました。

終盤はペースが落ちてしまいましたが、何とか逃げ切りました。

 

2位集団は牽制してしまったので、デゲファ選手に逃げ切られてしまいました。

2位のキプラガト選手は35~40kmを16分8秒という恐ろしい速さで走っています。

この5kmでトップとの差を1分以上詰めて、3位との差を1分近くつけています。

早めに抜け出していれば優勝もあったかもしれません。

 

スポンサーリンク