2019年4月28日にハンブルクマラソンが行われました。

今回はワイルドカードでMGCに出場するために多数の日本人選手が出場していました。

この記事では上位選手と日本人選手の成績をまとめています。

 

スポンサーリンク

ハンブルクマラソン2019結果速報

男子

優勝 2:08:26 タドゥ・アバテ(エチオピア)

2位 2:08:27 アエレ・アブシェロ(エチオピア)

3位 2:08:32 スティーブン・キプロティチ(ウガンダ)

7位 2:10:03 髙久龍(ヤクルト)

9位 2:10:15 荻野皓平(富士通)

11位 2:11:23 一色恭志(GMO)

13位 2:11:36 鈴木健吾(富士通)

14位 2:11:55 清谷匠(中国電力)

19位 2:13:42 下田裕太(GMO)

24位 2:14:35 押川裕貴(トヨタ自動車九州)

38位 2:21:25 村山謙太(旭化成)

42位 2:23:22 菊地賢人(コニカミノルタ)

48位 2:28:11 深津卓也(旭化成)

100位 2:40:50 小椋裕介(ヤクルト)

 

途中棄権 

野口拓也(コニカミノルタ)

竹内竜真(日立物流)

 

ハンブルクマラソン2019でMGCの出場権を獲得した選手

髙久龍(ヤクルト)

荻野皓平(富士通)

一色恭志(GMO)

鈴木健吾(富士通)

 

新たに4人の選手がMGCの出場権を獲得しました。

MGCの出場権獲得者は全部で34名となりました。

 

先頭集団につく日本人選手はいなかったので、完全にワイルドカード狙いの走りでした。

ハーフは1時間4分台でしたが、後半は落ちてしまったので、ギリギリで通過した選手もいました。

鈴木健吾選手はあと4秒遅ければダメでした。

 

スポンサーリンク

女子

優勝 2:24:42 ディバベ・クマ(エチオピア)

2位 2:26:04 マグダリン・マサイ(ケニア)

3位 2:27:56 フェイルナ・マタンガ(タンザニア)

16位 2:36:14 下門美春(埼玉陸協)

20位 2:42:12 竹地志帆(ヤマダ電機)

 

途中棄権

高島由香(資生堂)

清田真央(スズキ浜松AC)

 

女子は残念ながらMGCの出場権を獲得する選手はいませんでした。

 

スポンサーリンク