2019年9月15日にMGC女子が行われました。

2位以内に入れば東京オリンピックの代表内定となるレースです。

 

この記事ではMGC女子の順位とタイムの結果一覧、感想、ファイナルチャレンジについて書いています。

 

スポンサーリンク

MGC女子結果

優勝 2:25:15 前田穂南(天満屋)※代表内定

2位 2:29:02 鈴木亜由子(日本郵政グループ)※代表内定

3位 2:29:06 小原怜(天満屋)

4位 2:29:51 松田瑞生(ダイハツ)

5位 2:31:14 野上恵子(十八銀行)

6位 2:32:30 一山麻緒(ワコール)

7位 2:33:29 福士加代子(ワコール)

8位 2:36:29 安藤友香(ワコール)

9位 2:41:22 岩出玲亜(アンダーアーマー)

途中棄権

上原美幸(第一生命グループ)

代表内定と残り1枠について

前田穂南選手と鈴木亜由子選手は代表内定です。

 

残り1枠は設定記録である2時間22分22秒を突破した中で最速タイムの選手が代表となります。

設定記録を突破した選手がいなければ、MGC3位の小原怜選手が代表となります。

MGCファイナルチャレンジ設定記録について

 

スポンサーリンク

MGC女子の感想

女子はスローペースになると思っていましたが、スタートから一山麻緒選手が飛び出しました。

早めに遅れてしまいましたが、積極的な走りで本人も悔いなしというコメントをしていました。

 

優勝した前田穂南選手は圧倒的に強かったです。

一山麻緒選手が飛び出さなくても勝っていたと思います。

ゴール後は脱水状態になっていたようです。

 

鈴木亜由子選手は状況を考えながら堅実に走っていた印象です。

早めに2位狙いに切り替えたのは好判断だったと思います。

最後は全然脚が動いてなかったですが、何とか逃げ切りました。

 

小原怜選手はリオオリンピック選考会に続いて秒差に泣く結果になってしまいました。

最後は気力で追い上げてきましたが、わずかに届きませんでした。

今後はファイナルチャレンジに挑戦することになると思います。

 

松田瑞生選手は状態が良くなさそうでした。

5km通過時点では9位でしたが、4位まで追い上げました。

状態が良くなれば、ファイナルチャレンジの設定記録を突破できる可能性が1番高い選手だと思います。

 

野上恵子選手はスタートしてからすぐに遅れましたが、35km以降は前田穂南選手と同じタイムで走っています。

 

MGC男子結果(順位・タイム)中村匠吾と服部勇馬が代表内定

 

スポンサーリンク