2017年6月23~25日に 第101回日本陸上競技選手権大会が行われます。

 

この記事では5000mと10000mに注目して、エントリーリストの紹介と予想をしています。

 

スポンサーリンク

男子10000m

日程:2017年6月23日20時

日本記録:27:29.69

参加標準記録:27:45.00

2016年の結果はこちら

エントリーリスト

※赤字は参加標準記録突破者

選手名 所属 自己ベスト
村山 紘太 旭化成 27:29.69
鎧坂 哲哉 旭化成 27:29.74
佐藤 悠基 日清食品グループ 27:38.25
大迫 傑 Nike ORPJT 27:38.31
村山 謙太 旭化成 27:39.95
設楽 悠太 Honda 27:42.71
大六野 秀畝 旭化成 27:46.55
大石 港与 トヨタ自動車 27:48.56
村澤 明伸 日清食品グループ 27:50.59
市田 孝 旭化成 27:53.59
横手 健 富士通 27:58.40
浅岡 満憲 日立物流 27:59.72
上野 裕一郎 DeNA 28:01.71
早川 翼 トヨタ自動車 28:06.10
服部 勇馬 トヨタ自動車 28:09.02
猪浦 舜 八千代工業 28:10.62
星 創太 富士通 28:12.70
松本 稜 トヨタ自動車 28:15.42
寺内 將人 愛知製鋼 28:15.56
神野 大地 コニカミノルタ 28:17.54
小椋 裕介 ヤクルト 28:18.48
栃木 渡 順天堂大 28:19.89
一色 恭志 GMO 28:23.40
茂木 圭次郎 旭化成 28:25.52
青木 優 カネボウ 28:26.27
佐藤 達也 警視庁 28:38.38
鬼塚 翔太 東海大 28:55.26

予想

1位 大迫傑

2位 村山紘太

3位 鎧坂哲哉

 

大迫傑選手はボストンマラソンで好走しましたが、トラックも強い選手です。去年に続いて今年も優勝すると予想します。

ボストンマラソン2017の結果

あとは参加標準記録を突破できるかどうかです。リオオリンピックの時は28分00秒00だったんですが、ロンドン世界陸上では27分45秒00と15秒も速くなっています。日本人選手にとってはこの15秒の差は大きいです。

 

村山紘太選手はラストで鎧坂選手を抜いて2位になると予想します。大迫選手とラスト勝負になれば紘太選手が有利になりますが、大迫選手がそうはさせてくれないでしょう。

 

鎧坂哲哉選手はGGNで圧勝して、調子が戻っています。調子の悪い時期もありましたが、今回の日本選手権では上位争いができそうです。

GGN2017の結果

注目選手

栃木渡選手と鬼塚翔太選手がエントリーしています。二人とも最近の成績が良いので、社会人相手にどこまで戦えるのか楽しみです。栃木選手は6月18日の全日本大学駅伝予選会にも出場予定なので、調整が難しそうです。

 

※6月22日追記

村山紘太・村澤明伸・栃木渡の3選手が欠場することになりました。

 

日本選手権陸上2017男子10000mの結果

 

スポンサーリンク

男子5000m

日程:2017年6月25日17時15分

日本記録:13:08.40

参加標準記録:13:22.60

2016年の結果はこちら

エントリーリスト

選手名 所属 自己ベスト
大迫 傑 Nike ORPJT 13:08.40
鎧坂 哲哉 旭化成 13:12.63
村山 紘太 旭化成 13:19.62
上野 裕一郎 DeNA 13:21.49
松枝 博輝 富士通 13:28.61
大六野 秀畝 旭化成 13:28.61
市川 孝徳 日立物流 13:28.91
横手 健 富士通 13:31.35
服部 弾馬 トーエネック 13:34.64
設楽 悠太 Honda 13:34.68
平 和真 カネボウ 13:38.64
中村 匠吾 富士通 13:38.93
牟田 祐樹 日立物流 13:39.02
秦 将吾 大塚製薬 13:40.79
伊藤 弘毅 東京陸協 13:48.38

予想

1位 大迫傑

2位 松枝博輝

3位 上野裕一郎

 

5000mも大迫傑選手が優勝すると予想します。あとは参加標準記録を突破できるかどうかです。

 

2位予想は最近成績の良い松枝博輝選手です。松枝選手は5000mしか走らないのも大きいです。

 

上野裕一郎選手の5000mは強いです。前回は2位に入りましたが、今回も上位に入ってくるんじゃないでしょうか。

 

日本選手権陸上2017男子5000mの結果

 

スポンサーリンク

女子10000m

日程:2017年6月23日19時

日本記録:30:48.89

参加標準記録:32:15.00

2016年の結果はこちら

エントリーリスト

※赤字は参加標準記録突破者

選手名 所属 自己ベスト
鈴木 亜由子 JP日本郵政G 31:18.16
関根 花観 JP日本郵政G 31:22.92
高島 由香 資生堂 31:33.33
上原 美幸 第一生命グループ 31:38.80
石井 寿美 ヤマダ電機 31:48.24
小原 怜 天満屋 31:48.31
一山 麻緒 ワコール 31:49.01
西原 加純 ヤマダ電機 31:53.69
中村 萌乃 ユニバーサル 31:57.92
棟久 由貴 東京農業大 31:58.46
松田 瑞生 ダイハツ 31:59.12
加藤 岬 九電工 31:59.72
宮﨑 悠香 九電工 32:07.43
井上 藍 ノーリツ 32:07.56
岩出 玲亜 ドーム 32:13.21
宮田 佳菜代 ユタカ技研 32:14.40
清水 美穂 ホクレン 32:14.44
菊地 優子 ホクレン 32:17.66
谷本 観月 天満屋 32:18.44
竹地 志帆 ヤマダ電機 32:20.94
菊池 理沙 日立製作所 32:21.20
堀 優花 パナソニック 32:22.18
細田 あい 日本体育大 32:26.99
石澤 ゆかり エディオン 32:27.22
川上 わかば TOTO 32:28.78
宇都宮 亜依 宮崎銀行 32:36.66
唐沢 ゆり 日本体育大 32:40.57
藤本 彩夏 京セラ 32:40.63
古瀬 麻美 京セラ 32:57.87

予想

1位 高島由香

2位 鈴木亜由子

3位 一山麻緒

 

優勝予想はペイトンジョーダンで自己ベストを出した高島由香選手です。優勝できなかったとしても上位は堅いので、世界陸上の代表はほぼ確実だと思っています。

ペイトンジョーダン2017の結果

 

鈴木亜由子選手はだいぶ調子が戻っていますが、まだ完全ではないと予想します。面白い勝負をしてくれると思うので楽しみです。

 

3位予想は最近自己ベストを更新して調子の良い一山麻緒選手です。

 

前回2位だった関根花観選手は最近の成績を見ると、上位は厳しそうに思えます。

注目選手

名古屋ウィメンズマラソンを疲労骨折で欠場した小原怜選手がエントリーしています。今の調子がどうなっているのか気になります。

 

最近、記録を伸ばしている藤本彩夏選手はまた記録を更新しそうな感じです。

 

※6月22日追記

小原怜・唐沢ゆり・藤本彩夏・古瀬麻美の4選手が欠場することになりました。

 

日本選手権陸上2017女子10000mの結果

 

スポンサーリンク

女子5000m

日程:2017年6月25日16時50分

日本記録:14:53.22

参加標準記録:15:22.00

2016年の結果はこちら

エントリーリスト

※赤字は参加標準記録突破者

選手名 所属 自己ベスト
鈴木 亜由子 JP日本郵政G 15:08.29
尾西 美咲 積水化学 15:16.82
鷲見 梓沙 ユニバーサル 15:17.62
木村 友香 ユニバーサル 15:18.08
横江 里沙 豊田自動織機 15:18.11
松﨑 璃子 積水化学 15:18.95
西原 加純 ヤマダ電機 15:20.20
森田 香織 パナソニック 15:21.31
上原 美幸 第一生命グループ 15:21.40
阿部 有香里 しまむら 15:22.29
鍋島 莉奈 JP日本郵政G 15:22.34
福田 有以 豊田自動織機 15:23.48
堀 優花 パナソニック 15:23.53
関根 花観 JP日本郵政G 15:24.74
矢田 みくに ルーテル学院高 15:25.87
佐藤 成葉 立命館大 15:27.83
石井 寿美 ヤマダ電機 15:29.12
小笠原 朱里 山梨学院高 15:29.32
森林 未来 諫早高 15:31.62
岡本 春美 三井住友海上 15:33.08
小井戸 涼 日立製作所 15:33.61
関谷 夏希 大東文化大 15:33.95
後藤 奈津子 宮崎銀行 15:34.85
山本 菜緒 豊田自動織機 15:35.34
田邉 美咲 三井住友海上 15:35.46
出水田 眞紀 立教大 15:35.56
田中 希実 西脇工高 15:35.72
中村 萌乃 ユニバーサル 15:36.10
上田 未奈 城西大 15:36.27
森川 千明 ユニクロ 15:36.53
小原 怜 天満屋 15:39.47
加世田 梨花 名城大 15:39.66
筒井 咲帆 ヤマダ電機 15:39.70
青山 瑠衣 ユニバーサル 15:40.55
一山 麻緒 ワコール 15:44.33

予想

1位 松﨑璃子

2位 木村友香

3位 鍋島莉奈

 

優勝予想はペイトンジョーダンで好調だった松﨑璃子選手です。10000mも参加標準記録を突破しているんですが、5000m1本に絞ってきました。

 

2位予想は5000mの成績が良い木村友香選手です。今回の女子5000mは混戦になると思います。

 

3位予想はクイーンズ駅伝2016で好走し、その後も記録会でいい成績を出している鍋島莉奈選手です。

 

女子5000m4連覇中の尾西美咲選手は、最近の成績を見ると、かなり厳しいと思います。

 

前回2位の鈴木亜由子選手は10000mに絞って欠場するのではないかと予想しています。出場したとしても負けそうです。

 

リオオリンピック代表の上原美幸選手はリオオリンピック以降の成績が悪すぎます。

注目選手

高校生が4人(矢田みくに、小笠原朱里、森林未来、田中希実)エントリーしています。全員楽しみですが、特に小笠原選手は5位くらいに入ってくるかもしれません。

 

織田記念で自己ベストを出した小井戸涼選手も注目しています。これから伸びてくるんじゃないかと見ています。

 

日本選手権陸上2017女子5000mの結果

 

スポンサーリンク