2016年6月26日に第100回日本陸上競技選手権大会の男子5000m決勝が行われました。

 

この記事では男子5000m決勝の結果速報と感想、リオオリンピック代表選手の情報についてまとめています。

 

スポンサーリンク

日本選手権陸上2016男子5000m結果速報

派遣設定記録:13分06秒63

参加標準記録:13分25秒00

順位 選手名 所属 タイム
1 大迫 傑 Nike ORPJT 13:37.13
2 上野 裕一郎 DeNA 13:39.23
3 大六野 秀畝 旭化成 13:39.52
4 一色 恭志 青山学院大 13:39.65
5 戸田 雅稀 日清食品グループ 13:46.98
6 市田 孝 旭化成 13:48.52
7 市川 孝徳 日立物流 13:48.55
8 設楽 悠太 Honda 13:48.71
9 梶原 有高 厚木市陸協 13:49.66
10 服部 弾馬 東洋大 13:52.90
11 松枝 博輝 富士通 14:10.19
12 出口 和也 旭化成 14:15.15
13 中川 智春 トーエネック 14:16.90
14 高谷 将弘 JR東日本 14:19.13
15 北 魁道 中国電力 14:19.62
16 鎧坂 哲哉 旭化成 14:19.90
17 田中 秀幸 トヨタ自動車 14:22.49
18 岡本 雄大 JFEスチール 14:35.03
19 松田 佑太 SGHグループ 14:37.49
20 堂本 尚寛 JR東日本 14:39.63
21 圓井 彰彦 マツダ 14:51.00
22 竹澤 健介 住友電工 14:57.66
23 田中 佳祐 富士通 15:12.47
  村山 紘太 旭化成 欠場

スポンサーリンク

日本選手権陸上2016男子5000mの感想

10000mに続いて大迫傑選手の優勝となりました。圧倒的に強いですね。リオオリンピックが楽しみです。

 

2位は上野裕一郎選手です。10000mは残念な結果だったんですが、5000mは強いですね。

 

大六野秀畝選手は相変わらず安定して好走しますね。常に上位で名前を見る選手です。

 

一色恭志選手は自己ベストです。持ちタイムでは下から2番目だったんですが、すばらしい走りでした。

リオオリンピック代表は誰?

大迫傑選手は「参加標準記録を満たした、日本選手権優勝者」という内定条件を満たしました。

 

残りの枠は2つですが、参加標準記録を突破しているのが鎧坂哲哉選手と、村山紘太選手しかいません。

 

代表選手が大迫選手だけでは少ないので、鎧坂選手と村山紘太選手は二人とも選ばれると思います。

 

日本代表選手は6月27日に選考委員会で選考し、理事会において決定します。

 

※追記

大迫傑、村山紘太の2選手が選ばれました。

陸上リオオリンピック日本代表選手一覧と感想!金丸選出の理由は?

 

スポンサーリンク

 

関連記事

日本選手権陸上2016男子10000m結果速報と感想!リオ五輪代表は誰?

日本選手権陸上2016女子5000m結果速報と感想!リオ五輪代表は誰?

日本選手権陸上2016女子10000m結果速報と感想!リオ五輪代表は誰?